ごあいさつ

後藤社長

現在、資産運用においては、ますますグローバルな観点が求められて来ています。アジア諸国の力強い成長が世界経済を牽引し有望な投資機会になると同時に、その恩恵を多くの日本企業が享受出来る可能性が高いと、多くの投資家が感じていると言えます。

資産運用会社にとって、日本を含めたアジアの視点を持ったグローバルな資産運用サービスをご提供できる体制は、より重要な課題と言えましょう。

大和証券グループと三井住友フィナンシャルグループのアセットマネジメントビジネス部門の中核である大和住銀投信投資顧問は、こうしたお客様からのご要望にお応えする質の高いサービスと、お客様にご満足いただける安定した運用成果をご提供し、お客様から長く信頼される資産運用会社となることを目指しております。

私たちは、一貫した投資哲学と運用スタイルのもと、永年にわたる年金運用で築き上げたお客様からの信頼と実績に加えて、米国の大手資産運用会社T.ロウ・プライス社との提携により、世界に通用するグローバルな運用・調査体制の整備・充実を進めてきております。

私たちは、経営目標の「Top in Quality」を実践し、「日本を代表し、世界に通用する質の高いトップクラスの資産運用会社」に到達すべく、役職員一同、全力で努力を続けてまいります。

皆様の温かいご理解とご支援をお願いします。

署名 

PICKUPコンテンツ