国連責任投資原則への署名

国連責任投資原則(UNPRI)とは

平成18年にアナン国連事務総長(当時)の提唱により、国連傘下機関である「国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)」及び国連グローバルコンパクトが策定に協働した以下の6項目からなる投資に係る原則です。法的拘束力の無い任意の原則ですが、特に海外において、ESG(環境・社会・企業統治)について意識の高い機関投資家が自発的に本原則に署名することにより、自社の運用プロセスにおいて、ESGにかかる諸問題に配慮することを明確にする傾向があります。

【責任投資原則の6項目】

  • 私たちは投資分析と意思決定のプロセスにESGの課題を組み込みます。
  • 私たちは活動的な(株式)所有者になり、(株式の)所有方針と(株式の)所有慣習にESG問題を組み入れます。
  • 私たちは、投資対象の主体に対してESGの課題について適切な開示を求めます。
  • 私たちは資産運用業界において本原則が受け入れられ、実行に移されるように働きかけを行います。
  • 私たちは本原則を実行する際の効果を高める為に、協働します。
  • 私たちは、本原則の実行に関する活動状況や進捗状況に関して報告します。

国連責任投資原則に対する当社の考え方

(1)社会環境や政治情勢の変化により、ESGファクターが企業価値や、株価をはじめとする資産価値に今まで以上に影響を与えうる状況となっております。このような状況を踏まえ、当社では、従来から定性評価で実施していたリスク評価、なかでもESGにかかわるリスク評価に関する分析/評価の強化を図ることし、本原則に署名することにより、その姿勢を明確化することとしました。

(2)当社では、「受益者のために長期的視点に立ち最大限の利益を最大限追求する義務」を果たすという目的、すなわち投資パフォーマンスの更なる向上を目指すために、従来から取組んできた弊社の運用手法をさらに強化するという観点から本活動を行うものです。

当社のESG活動に係る取り組み

本原則への署名を契機に、ESGにかかわる諸問題に関する分析/評価の強化を図る観点から、ESG委員会を設置するとともに、所要の規則の制定を行っております。当社はESG委員会が取り組みの中心となり、積極的に当社のESG活動を推進してまいります。

PRI

PICKUPコンテンツ