日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)

日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)

  • 投資信託協会コード:22314144
  • 商品分類:追加型投信/国内/株式
  • 日本経済新聞掲載名:日本株αカル

2018/01/19現在

基準価額(前日比) 4,484円 (+3)
純資産総額 2,384.89億円

過去6期の決算実績

全ての決算情報を見る

決算日 2018/01/04 2017/12/04 2017/11/06 2017/10/04 2017/09/04 2017/08/04 累計
分配金 100円 100円 100円 100円 100円 100円 7,900円
  • 比較
  • お気に入り登録
  • 印刷
  • 関連記事
月次レポート
2017/12
(1,808KB)
交付
目論見書
(2,050KB)
請求
目論見書
(2,405KB)

関連情報

関連レポート

関連記事

日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)のもっと詳しい説明はこちらへ 

カバードコール戦略を用いた場合の値動きの特徴について

  • 原資産(株価指数など)および原資産に対するカバー率を50%とした場合のカバードコール戦略(以下、当戦略)の値動きの特徴として、主に3つのケースをあげることができます。
  • 特に原資産価格が上昇・下落を繰り返すケース(3のケース)において、原資産価格が横ばい圏で推移したとしても当戦略の価格が下落(時間の経過とともに下落幅が拡大)する可能性があることは留意すべき特徴の一つと言えます。

*「カバー率」とは、原資産に対するオプションのポジションの割合をいいます。

 

(注)カバードコール戦略により想定されるオプションプレミアムは考慮していません

 

 イメージ図

カバードコール戦略の値動きの特徴 イメージ図

※原資産および当戦略の価格は当初100として指数化

※カバードコール戦略とは、オプションの権利行使価格を上回る原資産(株価指数など)の値上がり益を放棄するかわりに、オプションプレミアムの確保を目指す投資戦略です。

※上図の横軸(時間(期間))の目盛りは、カバードコール戦略におけるオプションの権利行使期間を表します。オプションの権利行使期間は、オプション取引量が多い1~3ヵ月程度が一般的です。

※上記は、原資産および原資産に対するカバー率を50%とし各期初にカバードコール戦略を構築したと仮定した場合のカバードコール戦略の値動きのイメージであり、カバードコール戦略に対する説明のすべてを網羅したものではありません。

 

このファンドと一緒によく見られているファンド

PICKUPコンテンツ