日本株厳選ファンド・円コース

日本株厳選ファンド・円コース

  • 投資信託協会コード:22311114
  • 商品分類:追加型投信/国内/株式
  • 日本経済新聞掲載名:日株厳選円

2018/04/23現在

基準価額(前日比) 9,823円 (-29)
純資産総額 876.53億円

過去6期の決算実績

全ての決算情報を見る

決算日 2018/04/10 2018/03/12 2018/02/13 2018/01/10 2017/12/11 2017/11/10 累計
分配金 150円 150円 150円 150円 150円 150円 8,990円
  • 比較
  • お気に入り登録
  • 印刷
月次レポート
2018/03
(1,665KB)
交付
目論見書
(1,612KB)
請求
目論見書
(4,513KB)

以下のファンドを総称して、「日本株厳選ファンド」または「各コース」といいます。
また、以下のファンドを総称して、またはそれぞれを「当ファンド」または「ファンド」といい、必要に応じて各コースを以下のように表示することがあります。

*上記以外のファンドが今後追加されることがあります。

関連情報

関連レポート

ファンドの特色

特色1

主としてわが国の株式の中から、割安と判断される魅力的な銘柄に厳選して投資することで、信託財産の成長を目指します。

  • ファンド・オブ・ファンズ方式により運用を行います。
  • 主として円建ての外国投資信託証券「ジャパン・バリュー・エクイティ・コンセントレイティッド・ファンド」への投資を通じて、わが国の株式に実質的に投資します。また、親投資信託である「キャッシュ・マネジメント・マザーファンド」を通じて、円建ての公社債等へ実質的に投資します。
特色2

円コースおよび為替取引を活用する6つの通貨コースによる7本のファンドから構成されています。

  • 円コース、ブラジルレアルコース、豪ドルコース、アジア3通貨コース、米ドルコース、メキシコペソコース、トルコリラコースの7本のファンドから構成されています。

    ※アジア3通貨コースは中国元、インドルピー、インドネシアルピアの為替取引を概ね均等に行います。

  • 投資を行う外国投資信託証券においては、わが国の株式に投資を行うとともに、円売り、各コースの取引対象通貨買いの為替取引を行います(円コースを除く)。これにより主に通貨間の金利差要因による「為替取引によるプレミアム(金利差相当分の収益)/コスト(金利差相当分の費用)」、為替変動要因による「為替差益/差損」が生じます。
  • 各コース間でスイッチングが可能です。

※日本株厳選ファンドについては、今後新たなファンドが追加されることがあります。

※販売会社によっては、スイッチングのお取扱いがない場合があります。

※日本株厳選ファンドのファンドのお取扱いおよびスイッチングのお取扱いについては、各販売会社までお問い合わせください。

特色3

毎月の決算時に収益の分配を目指します。

  • 決算日は毎月10日(休業日の場合は翌営業日)とします。
  • 分配対象額の範囲は、経費控除後の利子・配当収益および売買益(評価損益を含みます。)等の範囲内とします。
  • 収益分配金は、基準価額水準、市況動向等を勘案して、委託会社が決定します。ただし、分配対象額が少額な場合等には、分配を行わないことがあります。
  • 将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。

収益分配のイメージ

収益分配のイメージ

※上記はイメージであり、将来の分配金の支払いおよびその金額について示唆、保証するものではありません。

資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。

通貨選択型ファンドの収益のイメージ

当ファンドは主にわが国の株式への投資に加えて、為替取引を活用して運用を行うよう設計された投資信託です。

当ファンドのイメージ図

当ファンドのイメージ図

当ファンドの収益の源泉は、以下の3つの要素が挙げられます。
これらの収益の源泉に相応してリスクが内在していることに注意が必要です。

3つの当ファンドの収益の源泉

(注)円コースでは為替取引を行わないため、円コースにおける収益の源泉は「わが国の株式の配当収入、値上がり/値下がり」となります。

※過去の事実から見た一般的な傾向を表したものであり、上図のとおりにならない場合があります。

銘柄選定のポイント

銘柄選定のポイント

運用プロセス

運用プロセス

このファンドと一緒によく見られているファンド

PICKUPコンテンツ