日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)

日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)

  • 投資信託協会コード:22314144
  • 商品分類:追加型投信/国内/株式
  • 日本経済新聞掲載名:日本株αカル

2018/01/16現在

基準価額(前日比) 4,505円 (0)
純資産総額 2,392.77億円

過去6期の決算実績

全ての決算情報を見る

決算日 2018/01/04 2017/12/04 2017/11/06 2017/10/04 2017/09/04 2017/08/04 累計
分配金 100円 100円 100円 100円 100円 100円 7,900円
  • 比較
  • お気に入り登録
  • 印刷
  • 関連記事
月次レポート
2017/11
(1,812KB)
交付
目論見書
(2,050KB)
請求
目論見書
(2,405KB)

関連情報

関連レポート

■当ファンドは、投資信託証券を通じて実質的に株式など値動きのある有価証券等に投資するとともにオプション取引等デリバティブ取引を行いますので、基準価額は変動します。また、投資信託証券を通じて実質的に為替取引を行うため、為替の変動による影響も受けます。したがって、投資家の皆様の投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。

■信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。

■投資信託は預貯金と異なります。

基準価額の変動要因

基準価額を変動させる要因として主に以下のリスクがあります。ただし、すべてのリスクを示したものではありません。

  • 株価変動に伴うリスク
  • カバードコール戦略に伴うリスク
  • 高金利通貨戦略に伴うリスク
  • スワップ取引に関するリスク
  • 流動性リスク
  • 信用リスク

その他留意点

収益分配金に関する留意事項

詳しくは、こちらご覧ください。

為替取引に関する留意点

高金利通貨戦略においては、為替予約取引やそれに類似する取引であるNDF(直物為替先渡取引)等により為替取引を行います。これらの取引において取引価格に反映される為替取引によるプレミアム(金利差相当分の収益)/コスト(金利差相当分の費用)は、金利水準だけでなく当該通貨に対する市場参加者の期待や需給等の影響を受けるため、金利差から理論上期待される水準と大きく異なる場合があります。その結果、ファンドの投資成果は、実際の為替市場や、金利市場の動向から想定されるものから大きく乖離する場合があります。
また、取引対象通貨によっては、為替管理規制や流動性等により為替予約取引等ができなくなる場合や、金額が制限される場合があります。

カバードコール戦略におけるオプション評価

オプションは時価で評価され、その価値の上昇・下落が基準価額に反映されます。なお、オプション取引時点でプレミアム収入相当分が基準価額に反映されるものではありません。
ファンドは、オプションの売りの取引を行いますので、オプションの価値が上昇すれば基準価額の下落要因となり、オプションの価値が下落すればプレミアム収入を上限として基準価額の上昇要因となります。

※上記はファンドにおける損益のすべてを示したものではありません。

※ファンドは、わが国の株式へ投資し、高金利通貨戦略において取引対象通貨買い、円売りの為替取引を行うとともに、カバードコール戦略において株価指数および円に対する取引対象通貨のコールオプションの売却を行います。したがって、保有する株式の値上がりもしくは円安・取引対象通貨高が基準価額の上昇要因となる一方、株価指数の上昇もしくは円安・取引対象通貨高によるオプションの価値上昇が基準価額の下落要因となります。

クーリング・オフについて

当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用はありません。

このファンドと一緒によく見られているファンド

PICKUPコンテンツ