投資信託とは

そもそも投資信託ってなに?

投資信託とは、大勢のお客様からお預かりした資金をひとつにまとめ、国内外の広範囲の金融市場の株式や、債券に投資する金融商品のことです。

投資信託のメリット1

投資信託のメリット1

小口資金でスケールの大きな投資ができます。
一つの投資信託で集められるお金は、通常数十億円から数千億円という大きなものになります。個人投資家の資金であっても一つに集めることによって、このように大きな資金量で投資できます。

 

投資信託のメリット2

投資信託のメリット2

個人ではなかなか行えない、スケールメリットを生かした運用や複数銘柄への分散投資、通常では投資が困難な市場での運用も可能になります。

 

投資信託のメリット3

投資信託のメリット3

専門家(プロ)に任せることができます。
株式市場など証券市場で少しでもリスクを少なくしつつ、より高いパフォーマンスを追及する場合には、投資家に代わって専門家(プロ)がさまざまな最新かつ効率的な運用手法を駆使して運用した方が大きな成果を生む場合があります。

お客様からお預かりした資金は、ひとつの“ファンド”にまとめられ、高度な専門知識を持つファンド・マネージャーがその運用を行います。運用の結果、得られた収益と損失は、お客様に分配される仕組みとなっています。

投資信託 = 少額から分散投資ができ、プロが運用

PICKUPコンテンツ