ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法ってどんな効果があるの?

ドルコスト平均法とは、価格が変動する商品について、定期的に一定の金額で購入していく方法です。購入金額を一定に保つことで、価格が低いときの購入量(口数)が多くなる一方、価格が高いときの購入量(口数)は少なくなります。
このため、価格に関係なく常に一定量(口数)を購入していくよりも、ドルコスト平均法による購入の方が、全体の平均購入単価を平準化させる効果があります。
従って、長期的な資産形成を行っていくうえで有効な方法の一つとなります。

たとえば、4ヶ月続けて投資商品を同金額購入したとき

イメージ

(注1)上記の数字はあくまで仮定であり、将来の成果を約束するものではありません。

(注2)算出にあたり、手数料等は考慮しておりません。

PICKUPコンテンツ