為替とは

円高・円安とはどういうこと?

他の通貨と比べて相対的に円の価値が上下することです

外国為替とは、異なる通貨同士の交換比率のこと。そして、為替相場は常に動くシーソーのようなものです。一方の通貨が高くなれば、もう一方の通貨は低くなります。シーソーはさまざまな要因の影響を受けながら上下しています。

一般に「1米ドル=120円」と表現される円相場。では「1米ドル=120円」から「1米ドル=110円」になるのは円高・円安どちらでしょうか。

「1米ドル=120円」というのは「1米ドル」を「120円」の価値で交換できるということ。「1米ドル=120円」から「1米ドル=110円」へ動いたことは、「120円出さなければ1米ドルに交換できなかった」状態から「110円で1米ドルに交換できるようになった」ことを意味します。つまり、円の価値が上がったわけで、「円高」になります。

為替の強さは相対的 (イメージ図)

円高・円安の影響は?(イメージ図)

円高・円安の影響

輸出企業の経済活動にとって円高はマイナス要因です。これは輸出企業が外貨決済を伴う輸出を行う場合、円建の収入が減るためです。

仮に輸出代金が1万米ドルだったとします。1米ドル=120円の時は120万円を受け取れたのに対し、1米ドル=110円の時は110万円しか受け取れません。反対に、円安はプラス要因となります。では、輸入企業にとって円高はどうでしょう。資源などの輸入品の仕入れ価格を抑えることができるので、円高はプラス要因となります。

為替相場は企業ばかりでなく個人にも大きな影響を与えます。円高になると海外旅行に出かけやすくなるなど、海外の商品やサービスを少ない円で買うことができます。一方で、外貨建資産に投資している人にとって、円高は円換算後の資産価格を下げ、為替差損が発生します。反対に、円安は輸入品価格の上昇や外貨建資産の値上がりをもたらします。

このように、企業や個人の取引の目的に応じて、円高・円安の影響はそれぞれ異なることとなります。

PICKUPコンテンツ