NISA 簡単理解度診断!

2016年1月4日作成


簡単理解度診断!

あなたはどれだけ理解しているかな?確認してみよう。

START
公社債投信は、NISA口座の対象商品である。
  • ○
  • ×

NISA口座で投資できるのは、上場株式や株式投資信託、ETF(上場投資信託)、上場REIT(不動産投資信託)などです。預貯金、公社債、公社債投信は対象外です。

次の問題へ

1 / 5 問

非課税投資額の120万円には、購入手数料が含まれる。
  • ○
  • ×

非課税投資額は、投資元本の金額です。購入手数料などは含まれません。

次の問題へ進む

2 / 5 問

2016年に70万円で購入したAファンドが2016年中に100万円に値上がりした。残りの非課税投資枠は50万円である。
  • ○
  • ×

120万円の非課税枠のうち、投資元本は70万円なので、120万円-70万円で50万円です。

次の問題へ進む

3 / 5 問

すでに持っている課税口座の株式投資信託について、非課税措置の適用を受けることができる。
  • ○
  • ×

非課税措置の適用を受けるには、NISA口座開設の手続きが必要です。既存の口座に保有する資産をNISA口座に移管することもできません。

次の問題へ進む

4 / 5 問

2016年にNISA口座で株式投資信託に120万円投資した結果、10万円の分配金が出た。これを2016年にNISA口座で再投資することはできる。
  • ○
  • ×

非課税投資枠は120万円で、すでにこれを使いきっていますから、同じ年にこの枠を超えて投資することはできません。

結果を表示する

5 / 5 問

5問中5正解

もう一度挑戦する

PICKUPコンテンツ