REITとは

れいと? りいと? REITってなに?

REITの仕組み

リートの仕組み

REIT(リート)とは、投資家から集めた資金を複数の不動産に投資し、そこから得られた賃貸料収入や売買益を投資家に分配する金融商品です。
投資対象となる不動産はオフィスや商業施設、賃貸マンションなど多岐にわたります。

REITは「Real Estate Investment Trust」の略で、その仕組みはもともとアメリカで生まれました。日本ではJAPANの「J」を頭につけて、「J-REIT」と呼ばれています。J-REITは証券取引所に上場されており、株式と同じように取引することができます。J-REITが初めて上場したのは、2001年9月です。

REITの魅力は、不動産のプロが選定した複数の物件に少額から、間接的に分散投資できることや換金性が高いことです。また、相対的に利回りが高いこともREITの魅力として挙げられます。

REITと不動産投資の違い

不動産に投資をして、そこから得られた賃貸料収入や売買益を受け取る点では、REITへの投資も不動産への直接投資も共通していますが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

まず、大きく異なるのは必要な資金です。REITでは数万円~数十万円の少額から投資可能ですが、不動産に投資(購入)するには数百万円~数千万円、あるいは億単位の資金が必要になり、実際に投資できる人は限られてきます。

また、分散投資が容易かどうかも両者で異なります。REITそれ自体が、複数の物件に投資していてすでに分散投資しています。複数のREITに投資をすれば、さらに分散投資を行うことも可能です。一方、多額の資金が必要な不動産への直接投資では、個人が複数の物件を購入し、分散投資を行うのはハードルが高いといえるでしょう。

最後に「売るとき」のことを考えてみましょう。REITは金融商品取引所に上場する有価証券ですから、基本的にいつでも売却できます。ところが、現物の不動産はそうはいきません。買い手が見つかって、価格が決まるまでにはそれなりの時間がかかりますから、流動性や換金性の点では、REITのほうが優れているといえます。

PICKUPコンテンツ