証券税制のしくみ

2016年1月4日作成

投資信託にかかる税金ってどうなってるの?

上場株式や株式投資信託、公社債や公社債投資信託などの取引で得た配当、売却益等には、通常、20%の申告分離課税が適用されます。

例)投資信託に300万円を投資し、売却した結果、50万円の利益を得たケースでは、50万円の譲渡所得に対し、
50万円×20%=10万円の税金がかかります。

イメージ図


※ 2013年から2037年までは、上場株式や株式投資信託などの配当金や売買益等の所得税額に対して2.1%の復興特別所得税が課税されます。これを合わせた税率は20.315%(所得税15.315%、住民税5%)となります。したがって、上記の例では利益50万円に対して、20.315%の課税、10万1,575円の税金がかかります。

PICKUPコンテンツ