用語集

「ら行」の用語

ライフサイクルファンド

確定拠出年金等における運用など中長期運用の投資家向けに設計された投資信託のことで、自分のリスク許容度に応じて適切な資産の組み合わせを選択できるように設計されています。株式の組入れ比率の異なる複数のバランス型ファンドがセットされているタイプや時間の経過とともに資産配分を変化させていくタイプ等があります。

ラップ口座

資産運用に関連する様々なサービス(投資顧問、投資信託や株式などの売買、管理、運用、定例的な運用報告など)を提供する口座のことです。販売会社は、個別の売買ごとに手数料を徴収するのではなく、通常運用資産残高に対応した手数料を投資家から徴収します。すべてのサービスをひとつに包み込んで(wrap)いる口座であることから、この呼び名がついています。

利回り曲線

イールドカーブ」の項をご参照ください。

累積投資

一般には、投資家が証券会社との契約に基づき、あらかじめ定めた期日に一定金額の有価証券や投資信託を継続的に買い付けることをいいますが、投資信託の場合には収益分配金を自動的に再投資することも累積投資と呼びます。

レコードキーピング

確定拠出年金制度の中で、運営管理機関が行う加入者データの記録、保存、通知、運用指図の取りまとめ、資産管理機関への通知、給付を受ける権利の裁定等の業務のことをいいます。

ロング・ショート

相対的に割安と思われる銘柄を買い建て(ロング・ポジション)、割高と思われる銘柄を信用取引で売り建て(ショート・ポジション)て市場変動による影響を軽減しつつ投資収益をあげるヘッジファンドの代表的な運用手法のひとつです。買い建てだけの運用では、ベンチマークを相対的に上回っても、相場全体が下落すればプラスのリターンを得ることは難しいですが、買い建てと売り建ての2つのポジションを組み合わせることで市場全体の動きに左右されにくい収益が期待できます。

PICKUPコンテンツ