モア8月号「好調な豪州新車販売」

バックナンバーに戻る

2016/8/29

2016年は過去最多が視野に

オーストラリア自動車産業会議所(FCAI)が毎月公表する新車販売統計によると、7月の新車販売台数(商用車含む)は9万1331台で、7月のデータとしては2015年7月の9万2308台に次ぐ過去2番目の高水準を記録しました。
年初来(1月-7月)では68万9471台と前年同期(67万735台)を約3%上回っています。2016年は、暦年ベースで1994年の統計開始以来過去最多の記録が視野に入る水準で推移しています。

日本車メーカーの台頭

7月の新車販売台数を自動車メーカー別に見ると、上位をトヨタ、マツダの日本車ブランドが占め、日本にとって豪州は米国に次ぐ自動車輸出相手国となっています。日本車は品質と性能の高さに加え、原則右ハンドルという法律上の共通点もあり、根強い需要があります。
また、昨年発効した日豪経済連携協定(EPA)で完成車輸出額の大部分の関税が即時撤廃され、一部日系メーカーが新車販売価格の値下げを行ったことも、日本車の台頭に繋がったと考えられます。

旺盛な新車購入意欲

豪調査会社ロイ・モーガンによると、豪州人口の1割にあたる230万人が、2020年までに「新車を購入予定」としています(2016年6月時点)。
資源ブームが一巡した豪州経済は、観光や教育などの非資源セクターが成長の新たなけん引役として期待され、2015年の設備投資額は資源セクターを上回る状況です。また、移民を積極的に受け入れ、新興国並みの人口増加率を維持しています。
就業者の増加や若年層の厚さが、消費を支える要因の一つとなっています。

豪州 年間新車販売台数の推移 7月の新車販売台数上位5社


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに将来変更される場合があります。■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を約束するものではありません。■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ