モア10月号「豪州の空港 拡張計画進む」

バックナンバーに戻る

2016/10/21

2015年度の空港利用客は過去最多に

豪州インフラ・運輸・地域経済局(BITRE)の統計によると、2015年度の空港利用客数は国内線・国際線あわせて1億5,229万人と過去最高の水準を更新しました。
空港利用客の増加の背景には、各空港のインフラ投資によって利便性が向上したことや格安航空会社(LCC)の参入、新規路線の拡大や増便などが挙げられます。欧州の治安悪化にともなう旅行者の安全志向も追い風となっています。

インバウンド見据え空港拡張が進展

2015年度の利用客数を空港別に見ると、シドニー国際空港(4,109万人)、メルボルン国際空港(3,370万人)、ブリスベン国際空港(2,232万人)の順に多く、これらは国内外の旅行客が行き交う豪州の三大国際空港となっています。
豪州には豊富な観光資源があり、同国を訪れる旅行客は増加傾向にあります。また新興国を中心とした留学生も増加しており、観光産業や教育サービスなどの非資源セクターが成長のけん引役として期待されています。こうしたインバウンド需要の長期的拡大を見据え空港運営各社は滑走路やターミナルの増設をはじめとするインフラの整備を進めています。

さらなる利用客増への期待

各空港のプロジェクトが順調に完了すれば、2033年度の利用客数はシドニーで7,430万人、メルボルンで6,400万人、ブリスベンで4,870万人へと増加する見通しです。
たとえば2,700㌶の広さを誇るブリスベン空港は、さらに1,000㌶の拡張が可能であり、利用客の大幅な増加が見込まれます(参考:羽田空港1,522㌶)。同空港の「拡張20年計画」によると、空港従業員数は現在の2万人から5万人へと新たな雇用を見込むなど、クイーンズランド州への経済効果が期待されます。

 

豪州の空港利用客数の推移

 


 

■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、特定の投 資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。■当資料は 各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証 するものではありません。■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在 のものであり、事前の予告なしに将来変更される場合があります。■当資料内の運用実績 等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を約束するものではあり ません。■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではあり ません。

 

PICKUPコンテンツ