7月号「国内消費が好調」

バックナンバーに戻る

2016/7/27

 

メキシコの自動販売台数と輸入台数

6月の自動車販売台数は前年比+25.9%

メキシコの6月の自動車販売台数は13.5万台、前年比
では+25.9%と大きく増加しました。販売台数の伸び率
は2015年の前半にピークをつけて以降、緩やかに低
下していましたが、4月以降急回復しています。
一方、輸出台数は昨年後半から前年比でマイナスに
なる月が出始め、今年2月からは4カ月連続で前年割
れとなっています。ただ、6月は同+1.8%と久しぶりにプ
ラスに転じるなど明るい兆しも見えます。

 

上半期の販売台数は過去最高

2016年上半期(1~6月)の自動車販売台数は前年同期比+18.4%増の72.2万台となり、過去最高を記録しています。
メキシコで最も販売シェアが高いのは日産自動車です。上半期の販売台数は18万台で全体の4分の1を占めています。ただ、販売台数の伸び率は同+12.7%と全体の伸び率を下回っています。シェア第2位はGMで、日本国内シェアトップのトヨタは6%強のシェアで第5位に留まっています。

小売売上高も伸びが加速

25日に発表されたメキシコの5月の小売売上高の伸び率は前年比+8.6%と好調な結果となりました。4月の伸びが同+10.6%と高かったことからその反動が懸念されていましたが、市場予想(同+6.0%)を上回りました。
これらの経済指標から、足元のメキシコ経済を国内の消費が牽引していることがうかがえます。

 

 

 

  


 

■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、特定の投資 信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。■当資料は各種 の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するも のではありません。■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のもので あり、事前の予告なしに将来変更される場合があります。■当資料内の運用実績等に関する グラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を約束するものではありません。■当 資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ