今こそ目線を中長期へ!

バックナンバーに戻る

2016/1/25

株式運用部
小出修 

 ※このレポートでは、日本株ファンドマネージャーが注目しているトピックなどを毎週お届けします。

今年になってからの日本の株式市場は、マクロの影響を受けずにファンダメンタルズが好調で業績上方修正や増配、そして自社株買いと好材料全てを発表しても下がり続ける内需株(利食い売りの対象)、マクロの影響を受けるため、チャートの節目まで既に下落し、それでもファンダメンタルズに大きな変化がなく割安であることには変わらないにも関わらず、その後も更に大きく下がり続ける外需株。結局、何を買っても大きく値下がりをしてしまう大変厳しい相場環境です。

特に、先週木曜日の日本株市場はファンダメンタルズを完全に無視した投げ売りが加速し、円高メリット株であろうが、原油安メリット株であろうが関係なく、ほとんどの銘柄が投げ売りの対象となって大きく下落してしまう惨憺たる状況でした。金曜日は前日の反動もあって、日経平均は1,000円に近い大幅な上昇となりましたが、今後の株式市場もまだ予断を許さない状況が継続しそうです。


今回の急落も、まだ記憶に新しい昨年の8月から9月にかけての株価下落と同様であれば、結局はファンダメンタルズに回帰することになると思います。今週から本格化する第3四半期の決算で今後の企業業績の⽅向性を分析する作業が重要になるでしょう。
ただ、今回は今期の業績に市場の目線があるのではなく、既に来期以降の業績に市場の目線が向かうことになるでしょう。
この点が、中間決算の時との大きな違いになります。
そして、この様な市場混乱時にファンドマネージャーが必ずやることは保有する銘柄のファンダメンタルズのチェックです。この作業のため、他のファンドマネージャーやアナリストといつにも増して熱い議論を飛び交わすことになります。

 

また、もう⼀つ重要な作業があります。
それは、あまりにも近視眼的になっている目線を中長期な目線に戻すことです。中長期的な目線に戻す作業で有効なのは成長テーマについて考えてみることです。
目線を短期から中長期にすることで中長期的な観点で、短期業績で下落している株を安値で購入することができます。経験則として、これが結果的に底値近辺で購入していることが多いと思います。

 

今まで大きな成長テーマであったスマートフォンは少なくともハードウェアという観点からは成長に陰りが出始めています。この様な時こそ、次の成長テーマをじっくりと考えてみる良い機会でしょう。
以下に注目される成長テーマを幾つかあげてみました。

 

◎フィンテック
金融(Finance=ファイナンス)と技術(Technology=テクノロジー)を掛け合わせた造語でテクノロジーを駆使して金融サービスを⽣み出したり、⾒直したりする動き。アプリケーションでは家計簿アプリのMoneyForwardが有名。
◎自動運転
Googleの自動運転車が有名。いよいよ本丸のトヨタが本格的に自動運転に取り組み始め、今後最も息の長い、大きな成長テーマ。
◎ドローン
無人で遠隔操作や自動制御により飛行できる航空機の総称。Amazonがドローンを使って荷物の配達を計画したり、セコムが民間防犯用にドローンを活用した監視サービスを開始したり何かと話題が多い。
◎ロボット
◎再生医療など


機会があれば上記の成⻑テーマを⽇本株『ファンドマネージャーの視点』で掘り下げて取り上げたいと思います。
ただ、誰もが成⻑すると思う事業は結局、液晶テレビや携帯電話のように儲からず撤退を余儀なくされる場合も多いことも忘れないでおきたいと思います。
 


本資料は投資判断の参考となる情報提供を目的としたもので、当社が信頼できると判断した情報源からの情報に基づき作成したものです。情報の正確性、完全性を保証するものではありません。本資料に記載された意見、予測等は、資料作成時点におけるレポート作成者の判断に基づくもので、今後予告なしに変更されることがあり、また当社の他の従業員の見解と異なることがあります。投資に関する最終決定は、投資家ご自身の判断で行うようお願い申し上げます。

 

PICKUPコンテンツ