マリガン!

バックナンバーに戻る

2016/3/22

株式運用部

小出 修

※このレポートでは、日本株ファンドマネージャーが注目しているトピックなどを毎週お届けします。

 

日銀のマイナス金利政策には一定程度の円安効果も期待されていたと思われますが、先週末の米ドル・円の水準は1米ドル=111円台の円高になりました。さすがにこの水準までくると日本にとっては為替介入やレートチェックの噂が飛び交う危険水準です。一方、米国企業にとっては今まで苦しめられていた米ドル高が反転し米ドル安になることは好都合となるため、市場のコンセンサスは残念ながら円高トレンドになってしまいました。

 

先日、朝の某テレビ番組でグンゼの児玉社長が『マリガンという名の贈り物』という本を紹介されていました。『マリガン』とはゴルフのプライベートルールでミスショットをした際に、ミスをした本人が『マリガン』を宣言して周囲がOKすれば打ち直しが認められるという特別なルールです。本の中では人生においても『マリガン』を使い、周囲の力を借りるべきと説いています。さらに、この本は、失敗した事を自分で責める必要はなく、失敗から学べば良いということも教えてくれます。

 

評判のすこぶる悪い、今回の日銀のマイナス金利政策ですが、決して間違った政策でもなければ、ミスショットでもありません。考えて、考え抜いた結果の政策であり、銀行の収益にも最大限の配慮をした政策であったと私は信じています。ただ、市場の反応を見ると残念ながら、この政策にNOを突きつけているように見えます。

 

世界の株式市場は原油価格の落ち着きもあり、リスクオンの様相を呈しています。しかし、日本の株式市場はマイナス金利政策以降、銀行や生保などの金融株が大幅に下落調整しています。

 

経済の血液と言われている金融の代表である銀行株が下落している姿から察すると、マイナス金利政策はやはり市場に受け入れられていないと言わざるを得ません。今こそ日銀も市場から学び『マリガン』を宣言してマイナス金利をやり直すことを考える必要があるのではないでしょうか。日銀の政策をアマチュアゴルフのプライベートルールと一緒にするなと叱られそうですが、誰も経験したことがない難しいことに挑戦しているわけですから、軌道修正の機会を与えることも大事だと思います。

 

我々、ファンド・マネージャーも当初の思惑と異なった想定になった場合、買った銘柄が損をしていても短期に売却したり、逆に売った銘柄を短期に買い戻したりすることが稀にあります。例えば円安になると思って為替感応度の高い銘柄を買ったものの、逆に円高になる可能性が高くなったために短期に売却したりすることがあります。これは間違いや失敗ではなく、傷口を最小限に抑えるための立派な投資判断です。

 

あくまでもファンド・マネージャーの経験則ですが、この様にシナリオが当初の思惑と異なった場合は早めに軌道修正する方が、最終的にポートフォリオの傷を深めなくて済むことになります。当初の思惑と異なっているのに、その銘柄を持ち続けるほうが余程ポートフォリオを痛めてしまうことにつながります。

  


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、資料作成時点におけるレポート作成者の 判断に基づくもので、事前の予告なしに将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ