十人十色

バックナンバーに戻る

2016/4/18

株式運用部

部奈 和洋

※このレポートでは、日本株ファンドマネージャーが注目しているトピックなどを毎週お届けします。

 

最近一人で外食する機会が増えているのですが、外食チェーン店の専門化がますます進んできている印象を受けます。個人的には、から揚げや餃子に惹かれてしまいますが、やきそばやチャーハンに加え、フライドポテトやサラダの専門店まで出てきています。外食を利用する女性の増加なども一因と考えますが、個々人がより自分の好みにあったものを求める動きが強まっていることも要因と思われます。

 

こうした自分の好みにあったものを求めるという動きはネットの世界ではよく見られますが、リアルの世界でも注目されており、企業も対応を考えています。例えば大手アパレル企業の社長は、先日行われた決算説明会で、今期のキャッチフレーズがどれも日本語に言い直せば「個性」につながるといったことを話していらっしゃいました。内容的には厳しい決算だったこともあり、「個性」をうまくとらえられていないことを課題と認識されているようでした。

 

同様のこととして、大手二輪メーカーのCFOとのミーティングでは、ハーレーダビッドソンのビジネスモデルに関して、他のファンドマネージャーとともに議論をさせていただきました。私には高嶺の花であるハーレーは、そのブランド力もさることながら、カスタム化に大きな魅力のあるメーカーとして知られており、今ではWebサイトを通じてパーツを組み合わせるカスタムオーダーができるようになっています。これは顧客の個性に対応した優れた仕組みだと考えます。しかしながら、もし他社がすぐにこの仕組みを取り入れようとしても、製造設備や人員、営業体制など抜本的に変化させる必要があり、難しい印象を持ちました。

 

そんな中で私が注目しているのは、「個性」に応えるための施策を助ける黒子役的なサービスを提供する企業です。

 

例えば、業績が急拡大している工業用間接資材の通販大手の取扱いアイテム数は、2012年に200万アイテムでしたが、多様なニーズに応えるため直近では900万アイテムに増加しています。この企業のサービスを支えているのが、在庫拡大により顧客への供給能力を高めた大手一次卸で、こちらの業績も堅調に推移しています。私はこの一次卸の本社見学などから、「個性」に応えるための施策を助ける黒子的サービスの将来性を認識しました。

 

このような企業やサービスは、今後も増えてくると思われますが、今はまだ世の中には知られていないものも多くあると思います。私達は取材や見学を通じて、企業の新しい取り組みを知ることが可能です。精力的に取材を行うことで、パフォーマンスの向上につなげていくことができると思います。

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、資料作成時点におけるレポート作成者の 判断に基づくもので、事前の予告なしに将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ