株価が上がる呪文!

バックナンバーに戻る

2016/4/25

株式運用部

小出修

※このレポートでは、日本株ファンドマネージャーが注目しているトピックなどを毎週お届けします。

平成28年熊本地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復旧・復興を心からお祈り申し上げます。

 

日銀のマイナス金利政策による今後の収益悪化懸念によって低迷する銀行株は、先週末こそ《日銀が金融機関への貸し出しにもマイナス金利を検討する》との報道で大きく反発したものの、依然大きく低迷した状態が継続しています。株価が低迷している最大の原因は、多くの銀行がマイナス金利の悪影響を受けて、新年度は増益が見込めない、従って減配の可能性もあると市場が懸念しているからだと思います。

 

仮にそうであれば、株価を反転させることは意外と簡単かもしれません。経営者が以下の言葉を決算説明会等で情報発信するだけで良いと思います。

 

“マイナス金利の収益への悪影響はあるものの、それほど大きくはない。確かに減益予想ではあるが、配当は維持する。さらに持ち合い解消も加速させ、増益の可能性も諦めていない。中長期的には当然増配も検討していくし、仮に減配するようなことがあれば、私の経営責任と考えてもらってもいい。”

 

この様な呪文を唱えるだけで、なぜ株価は反転するのでしょうか?そこには配当が大きく関係してくると思われます。配当を給与所得者の給与と同じと考えれば理解しやすいと思います。配当が減るということは、即ち給与が減ることを意味し、その会社を辞めたくなる(株を売りたくなる)のです。

 

花王を例にあげて説明すると、この会社の配当利回りは先週末時点で1.55%と決して高くはありませんが、26年連続で増配している超優良企業です。決して無理をした配当ではなく、配当の裏付けとなるキャッシュフローが安定していることも評価されている理由の1つとなっています。過去に子会社のカネボウが白斑問題を起こした時でも花王の株価下落は一時的で、その後は持続的な上昇トレンドを維持しています。もし退職金を過去からこの会社に投資していた場合を想定すると、単に株価上昇による評価益だけではなく毎年増加する配当金(毎年増加する給与)まで手にすることができるのです。さらに魅力的な株(会社)が無い限り、この株を手放す(会社を辞める)理由はないことになります。配当(給与)を増やしていくことが持続的な時価総額の拡大にいかに重要かという良い例だと思います。

 

これから本格化する企業の3月本決算発表では、おそらく製造業中心に減益見通しの企業が多くなってくることが予想されます。そこでの経営者の重要な役割は市場の不安を取り除くことだと思います。減益見通しの銘柄は既に大幅な株価調整がされており配当利回りでは大変魅力的な水準まできています。銀行株だけではなく、自動車株なども円高が嫌気されたことでかなり魅了的な配当利回り水準になっています。仮に減益でも配当は減らさない、または増加させていくという力強いメッセージが経営者から発信されれば株価はそれを好感し、上昇基調に転じることになるでしょう。

 

今こそ、経営者は市場が何を自分の会社に求めているのかをよく理解し、決算発表(決算説明会)という場を通して市場の不安を取り除くメッセージを発信するべきだと思います。

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、資料作成時点におけるレポート作成者の 判断に基づくもので、事前の予告なしに将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ