好きになれば変化は肌で感じます!

バックナンバーに戻る

2016/5/9

株式運用部

永田 芳樹 

※このレポートでは、日本株ファンドマネージャーが注目しているトピックなどを毎週お届けします。

 

フォルクスワーゲンに続き、三菱自動車工業でも偽装問題が発覚しました。今回の問題は以前三菱自動車が引き起こしたリコール隠しと異なり、取り換えれば済む問題ではないため、経営に大きなダメージを与えるのは間違いなく、株式としてはその推移を見守るしかありません。

 

ただ私は三菱自動車には好印象を持ってきました。正確に言うとこの会社の「人」が好きです。そしてエンジニアにはとても良い会社です。

 

私が大学の機械工学科の学生だった1990年代中頃、大学4年の夏休みに1か月近く、三菱自動車に毎日実習に行き、大変お世話になりました。川崎にあるトラック工場では2週間かけてエンジンをバラし、それを組立て、自動車の様々なパーツの仕組みを現場の指導員の方に親切に教えてもらいました。岡崎にある研究所では内燃機関の最先端の原理を開発者に熱心に講義していただきました。また喜連川のテストコースでは当時の憧れのスポーツカーであったGTOでプロドライバーの運転する時速200kmを越える世界を体験させてもらい、バンクに押し付けられるGを思い出します。社員の方も三菱のエンブレムに誇りを持ち、やさしく伸び伸びとした雰囲気を感じました。

 

四十代以上の人は覚えていると思いますが、1990年代の三菱自動車は飛ぶ鳥を落とす勢いの会社でした。それを牽引したのが一世を風靡したパジェロのヒットです。三菱自動車は戦前の三菱造船(現三菱重工)の流れを汲み、戦後に三菱重工自動車部が独立した会社です。自家用自動車というより産業用車両に強く、現在はダイムラーグループですが三菱ふそうのトラックや商用車に強みを持っていました。その流れからパジェロはトラックベースの頑丈だが重いラダーフレームを採用しています。1982年の初代発売時は硬派なオフロードカーでした。ただサスペンションを乗用車のように独立懸架するなど当時としては斬新な車で、パリダカールラリーでの活躍もあり高価な車でしたが、バブルの勢いとともに大ヒットしました。三菱自動車のすごいところは、このような自由な発想を実車で実現してきたところです。これ以外でも量産車では世界初となる直噴エンジン(GDI)を1996年にギャランに搭載したり、ホンダが売りにしていたVTECに対抗する可変バルブタイミング&リフト機構(MIVEC)を1990年代に実用化するなど、小規模メーカーとは思えない技術開発力を発揮していました。

 

このアグレッシブで先進的な技術開発を可能にしたのが、仕事を任せる組織風土です。相対的に小さい自動車会社でありながら軽自動車からトラックまでフルラインナップで持つが故に、社員の裁量の余地は大きく、がんばれば他社以上に多くの業務経験を積むことができます。またGTOやランサーエボリューションなど尖った車を開発できることが、理科系の学生にとって三菱の魅力でした。

 

ただ2014年に車好きには衝撃的な発表がありました。1992年以降、国内外で強烈なブランドを築き上げてきた、ランサーエボリューションの発売終了を発表したのです。確かに近年の販売台数はピーク時の10分の1以下でしたが、未だに廉価で買えるスーパーカーとして根強い人気があります。この事実は私には、三菱の経営の変化を感じさせました。前回の不祥事の影響でマネジメントに社外の人材が送り込まれたことにより、数字や利益優先になったのかもしれません。また開発費がまわらなくなったのかもしれません。いずれにせよ技術開発に夢を持っている私にとって、株式としての三菱自動車の魅力は大きく損なわれ、それ以降私の中では敢えて投資する対象ではなくなりました。

 

このような企業風土の変化は商品を良く知れば感じられます。本気で見れば見るほど敏感に感じられます。表面的な数字だけでなく、企業自体を好きになることは投資の大きなヒントとなります。

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、資料作成時点におけるレポート作成者の 判断に基づくもので、事前の予告なしに将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ