PBがイノベーションを作り出す時代がやってきた!

バックナンバーに戻る

2016/5/30

株式運用部

永田 芳樹

 

※このレポートでは、日本株ファンドマネージャーが注目しているトピックなどを毎週お届けします。

 

先日、雑貨や家電のプライベートブランド(以下PB)を製造、販売する企業の本社訪問に行ってきました。品川駅近くの本社に着くと、度肝を抜かれました。面積はさほど広くはないのですが、建物は宮殿のようで、そのエントランスは普通の3階分を吹き抜けにした豪華なつくりでした。応接に通されると超大企業にしかないセカンド受付があり、窓から見える景色ははるかかなたまで視線を遮る建物はなく、眼下には多くの電車が見え、鉄道オタクには垂涎の絶景でした。

 

この会社は食品や雑貨から家電まで幅広く製造販売する企業です。大手のナショナルブランド(以下NB)と機能性はほぼ同じですが、これまで自社のブランドはあまり前面にださず値段で勝負してきました。特にデザインや表面の素材で見劣りするため、所有する満足感を求めない実利層をターゲットにしてきました。ところがここ数年でこの企業の考え方が大きく変わりました。以前は大阪の会社らしく実利の追求をよしとしてきましたが、社内にデザイナーをかかえ権限を与えることでやる気をださせ、さらに品質にこだわり始めたのです。

 

もともとやってみてから考えるタイプの会社で、企画から発売までNBメーカーでは考えられないくらいの簡素でスピード感のあるプロセスにより商品を市場に出してきました。この会社のデザイナーの自由度は高く、自分の夢をすぐに形にできます。そしてもしヒットすれば成果はボーナスとしてすぐ跳ね返ってきます。大手メーカーからの転職があるなど、働くには最高の会社です。3フロアーに及ぶ商品の展示場を見せてもらいましたが、驚いたのはそのクオリティです。10年前のこの会社の商品イメージは、プラスチック感満載で置く場所を選ぶ商品だらけでした。ところが部屋に入った瞬間、「いいな」と感じさせる商品で溢れていました。特にオーディオや扇風機などは、独自のデザインで、是非買いたいと思わせるものでした。


彼らがこれほどまでに独創性と品質を兼ね備えた商品を企画するようになったのは、大手家電メーカーのブランド力の弱体化と無縁ではないと思います。以前は家電に入っているマイコンや金型などはコストが高く量が売れない場合は開発費を賄え切れず、資本力のある大手メーカーで市場が寡占されていました。ところがコンピュータの革新がスマホに収斂しハードからソフト重視に転換したように、家電の世界も機能面だけで差別化が難しくなったのです。マイコンや金型製造の敷居が低くなった今、安定性と大きな組織によるアドバンテージがなくなりました。意思決定が速くアイデアが浮かんだらすぐ実現できる組織が、イノベーションを生み出せる時代が到来したのです。家電のように消費者のNBへのブランド志向が弱まっている業界では、組織と経営理念が大手の先を行っているPBメーカーが、イノベーションを牽引する時代がやってきたようです。


一方PBが増えてもNBが依然として力を持っており、今後もプレゼンスを維持し続けるとみられるのが食品業界です。食に安全は絶対条件であり、消費者から信頼されるには長い時間がかかります。大手コンビニのPBは信頼感の醸成には成功しつつありますが、味の追求と値上げを繰り返した結果、PBの良さであった値段がNB以上になる場合もあります。今後値段に見合った価値をどれだけ提供できるかが重要となる時代が到来しました。


前述の雑貨・家電のPBに強い会社のデザイナーや開発者は、市場成長力にしても自身の収入にしても前途洋々に見えますが、そんなに甘くないようです。自分の企画した商品が失敗すると、給与が減額されるそうです。そしてこの宮殿のような本社は、リーマンショックの時に破たんした不動産会社の本社を居抜きで買ったそうです。その後リニア新幹線の計画も持ち上がり、資産価値もうなぎ上りだそうです。株と一緒で見栄を張らず(株ならバリュエーション無視のグロース株)、じっと我慢し割安な時に買えるよう資金を準備した企業(割安成長株)が最後は勝つようです。

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、資料作成時点におけるレポート作成者の 判断に基づくもので、事前の予告なしに将来変更される場合があります。■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ