たまには、ネガティブ・ランキングはいかが?

バックナンバーに戻る

2016/6/13

株式運用部

小出 修

※このレポートでは、日本株ファンドマネージャーが注目しているトピックなどを毎週お届けします。

 

消費増税の延期や企業の3月決算も出揃い、やっと方向感が出てくることを期待していた株式市場ですが、実際は売買代金の低迷と方向感の無さにスッキリしない市場環境が継続しています。

 

その様な中で今回は視点をかえて『ネガティブ・ランキング』を注目して見たいと思います。

 

高配当利回りランキングや高ROEランキング、高外国人持株比率ランキングなどポジティブサイドのランキングはよく見かけると思います。ただ、そこに出ている銘柄の多くは既に物色されており、外国人が日本株に興味を持たなくなっている今、更なるパフォーマンスを期待するのは難しくなっています。従って、いっそのこと逆に外国人に全く人気のない銘柄のランキングで過去最高益を更新している企業のリストを作成してみました。結果は以下の表となりました。

 

この表を見ると内需企業が多いことが読み取れます。また、配当利回りが低く株主還元に消極的な企業や、ROEに対する意識が低い企業も多く見受けられます。やはり、外国人持株比率が低いのにはそれなりの理由がありそうです。

 

ただ逆にそれらの問題点が取り除かれれば株価は大きく変化することも見逃してはなりません。つまり、これらの銘柄は、今後スチュワードシップコードやコーポレートガバナンスコードを受け、大きく変化する余地があるということになります。そうなれば株価も大きく上昇することが期待できます。まさにジメジメとした梅雨時のような日本株をスッキリとさせてくれることになるでしょう。たまには、このようなネガティブ・ランキングを見てみることも興味深いことだと思います。

過去最高益更新で外国人持ち株比率の低いランキング

 

※2016年6月1日時点の時価総額1,000億円以上のTOPIX採用銘柄を対象に、直近3月決算期で営業利益または経常利益が過去最高益の銘柄を抽出。外国人持株比率は直近有価証券報告書ベース。

(出所)QUICKのデータをもとに大和住銀投信投資顧問作成

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、資料作成時点におけるレポート作成者の 判断に基づくもので、事前の予告なしに将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ