有料ネットサービスに惜しまずお金を払う時代!

バックナンバーに戻る

2016/7/4

株式運用部

小出修 

※このレポートでは、日本株ファンドマネージャーが注目しているトピックなどを毎週お届けします。

 

最近、私の周辺で有料ネットサービスを利用する人達が急速に増加しています。ドコモの『dマガジン』はその中でも人気の高い有料サービスの一つです。月額利用料金432円で、読みたい経済誌(週刊ダイヤモンド、週刊東洋経済、週刊エコノミストなど)の特集記事を読むことが出来ます。また最近では週刊文春の舛添前都知事の記事も毎週読むことができました。このサービスは、スマートフォンだけではなく、家庭のPCやタブレットでも記事を読むことが出来ます。

 

世界で多くのユーザーから支持されている『Evernote』も人気を集めています。先日、有料版の『Evernoteプラス』と『Evernoteプレミアム』の値上げが発表されました。プラスが約50%の値上げ、プレミアムが約33%の値上げです。加えて無料版のベーシックは、同期できる端末の数が無制限から2台までに制限されるそうです。既に有料版のEvernoteを日頃から使っている人からすると使い慣れたものを別のものに変えるわけにもいかず、値上げを受け入れるしかなさそうです。それどころか今まで無料版を使っていたユーザーも機能制限により、値上げされた有料版を検討せざるを得ない状況です。圧倒的なユーザーの支持を得たアプリケーションの価格支配力を見せつけられた気がします。

 

他には『Amazonプライム会員』も人気があります。年間3,900円で様々な特典が利用できるサービスで、映画やTV番組が見放題になったり、100万曲以上の楽曲が無料で楽しめるサービスや、写真を無制限でクラウドに保存できるサービスもついてきます。Amazonは現在のところ、このプライム会員のサービス拡充で、無料ユーザーを有料ユーザーにシフトさせる戦略のようですが、Eコマースでの覇者となったあとの値上げも覚悟しなければなりません。

 

また日本限定のローカルなサービスですが、最近非常に人気が出ているフィンテック関連のサービスに、自動家計簿アプリケーション『マネーフォワード』があります。このサービスも月額500円のプレミアム会員になると、銀行口座やクレジットカードなどが無制限に連携可能になり、一括更新、ポイント・マイルの有効期限表示、銀行残高不足のお知らせ機能などいろいろ便利な機能が利用できるようになります。

一度プレミアム会員の機能を使うとあまりの利便性に無料会員に戻れなくなってしまいます。

 

以上のように、一度有料サービスの世界に入り込むとなかなか抜け出せない一方、有料サービスにお金を使った分を何かで削減する行動を起こしてしまいます。一般的には電気・ガスなどの公共料金の節約をすぐに思いつきますが、最近日本で注目のプリペイドカード『LINE Pay』で節約することも一つの方法だと思います。

 

例えば、月額25,000円のショッピングを『LINE Pay』を利用して決済すると2%のポイントが付与されるため500円の節約になります。2%のポイント付与はマイナス金利下の日本ではかなり魅力的な金融サービスです。

 

日頃からこの様な視点でネット関連やフィンテック関連の銘柄に目を向けて見てみると、確かに価格支配力のある銘柄の株価が割高な評価をされていることも納得がいくこともあります。ただ、逆にイメージだけで割高な水準まで買われてしまっている銘柄も多く存在することも忘れてはならないと思います。

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、資料作成時点におけるレポート作成者の 判断に基づくもので、事前の予告なしに将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ