自動車の進化と退化を体感する

バックナンバーに戻る

2016/7/11

株式運用部

永田 芳樹

※このレポートでは、日本株ファンドマネージャーが注目しているトピックなどを毎週お届けします。

 

最近馴染みの自動車ディーラーから、試乗車を2週間程借りる機会がありました。2週間で500km近く走り倒し、これまで紙の上で理解していた自動車の最新トレンドを身体で感じることができました。現在乗っているのは発売から12年、車齢が先日10年を超えた車ですが、試乗車は車格、値段もほぼ同じながら最新の装備を満載した車です。その主な相違点を表にしてみました。

10年前の車/最新の車 比較

 

この10年間で起こった変化は、前半の5年は燃費のためのエンジンの進化や、サスペンションやパワステに代表される操舵感にかかわる部分の電装化です。この部分の進化を考えると、大変な変化ですがドライバーからみるとあまり進化の実感がない部分だと思います。というのはエンジンのダウンサイジングも燃費のためであり、排気量が2リットルから1.3リットルになっても同じ出力がだせるだけの話です。エンジンフィールを加味すると私の感性には退化とさえ感じさせます。電動パワステも同様で油圧の持つリニアな感覚が失われますが、エンジンの力を使わないため燃費は改善します。これらの変化が消費者に、新車を買ってこれまで以上の幸せを感じさせたかは疑問に思います。

 

一方、ここ5年の大きな進化は、車のコネクティッド機能と自動運転へのサポート機能です。最新の車に乗ることで大いに変化を実感させられました。コネクティッド機能とはこれまで外部と一切つながることがなかった車のコンピュータ(ECU)が外界とリアルタイムにつながることを言います。これにより期待される進化が走行データの把握です。例えば走り方が優しい運転か乱暴な運転か、高速走行が多いのか町中走行が多いのかなど、これまで通算の走行距離だけしかわからなかった車の使用状況を、通信モジュールを搭載することで多面的に知ることができるようになります。それをビックデータとして外部に蓄積し、交通情報、走行データ連動保険、中古車評価、補修部品の需要予測、レンタカーの稼働率向上などの活用が期待されています。

 

ただ今のところ、私はこれが自動車を大きく変えるとは思えません。前述の活用例はほとんどが消費者であるドライバーのためではなく、自動車関連業界のためのものだからです。膨大な通信容量を使ってできる効率化やドライバーが得る効用は極めて小さく、ディスプレイに詳細な自分や他車の蓄積データが表示されても、喜ぶドライバーはあまりいそうにありません。ドライバーは車の中ではデータを見る暇はそんなにないのです。

 

一方、自動運転には未来を感じます。道路の車線のペイントが薄いところは機能しないなど、インフラ面の整備が自動運転に対応するには相当時間がかかりそうですが、自車の車線認知も前車への衝突抑制もそれなりに機能し、前車への追随機能は使えそうです。ただ、「あれっ、機能しない」と思うこともまだあり、全幅の信頼を寄せるのは厳しいのですが、補助としては十分使えそうです。

 

ここ数年の自動運転に代表されるソフトウェアの進化は目覚ましいものがあります。ただそれとともに自動車が人間の感性に与えてきたものが失われ始めている気がします。10年前の直列6気筒の自然吸気エンジンの回せば回すほどトルクが付いてくる感覚、これこそ現代的なダウンサイジングターボのつくるつくられた高トルクエンジンには絶対だせない、本物のエンジンだと感じます。今後自動車のハイテク化が加速度的に進化するのは間違いありませんが、これまで自動車の人々に与えてきた高揚感や幸福感は退化していく気がします。

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、資料作成時点におけるレポート作成者の 判断に基づくもので、事前の予告なしに将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ