地方創生

バックナンバーに戻る

2016/7/19

株式運用部

部奈 和洋

※このレポートでは、日本株ファンドマネージャーが注目しているトピックなどを毎週お届けします。

 

「路面電車がなくなっていてなんとなく寂しい」というのが、先月末に祖母が住む岐阜市に約10年ぶりに訪れた時の印象です。子供の頃、赤いちんちん電車に魅せられ、何度も見に行った記憶のせいかもしれません。祖母は90歳を超えてもなお元気です。元気の源はカラオケで十八番は美川憲一さんの「柳ケ瀬ブルース」です。この歌で有名になった岐阜市の繁華街も、人通りはまばらで、街全体として活気がなくなったように見えました。偶然、岐阜市が外国人観光客の誘致に力を入れ始めたと、7月4日付の日経新聞が報じていました。しかし、織田信長ゆかりの岐阜城や、長良川の鵜飼いに行くにも、車でないと非常に不便です。その点で路面電車は、バスと比較しても路線がわかりやすく、ベビーカーや車いすでの利用も格段に利便性が高いと思います。外国人に限らず、観光客を増やすには、路面電車があったほうが良かったと感じます。市が一部補助金を投じて、10年ほど前に建設した駅前の複合タワーのような箱ものでは、人を呼び込むのは難しいように感じました。

 

全国の路面電車は昭和初期をピークに廃止が相次いできました。しかし、ここ最近は世界、特に欧米での発展を受けて少し変わってきています。一部地域ではLRT(次世代型路面電車システム)の導入に対して、前向きになってきているようです。国も環境負荷や、超高齢化社会に対応したコンパクトな街づくりに欠かせないインフラとしてLRTを位置づけており、普及を後押ししています。

 

日本初の本格的なLRTは富山ライトレールと言われています。旧JR富山港線をLRT化し、本数、駅数を増加させたことで、1日の利用者数が3,000人から5,000人程度に大きく改善しています。今後はJR富山駅への乗り入れを計画しています。また、昨年市電の環状化を実現した札幌市も、路線のさらなる延伸を検討しているようです。乗車人員も2009年を底に回復基調となっています。先週、取材で札幌に行った時に、電車に乗る時間はなかったのですが、タクシーの運転手に話を聞いたところ、観光客や高齢者には利便性が向上したようだとのことでした。5月末には、宇都宮市などのLRT計画に関して、ルートなどの都市計画決定が行われ、今年度中にも着工される見通しです。この他にも、岡山市や金沢市、東京近郊でも横浜市や八王子市、つくば市などがLRTの導入を検討しているようです。

 

LRTの導入には、その収支や財政の問題がついてまわります。富山市もスマートシティ化を推し進める中で、財政に対する懸念が強まっています。札幌市も数百メートルの延伸にお金をかけすぎているとの批判もあります。このような状況から、導入が加速していないことも事実です。しかし、セブン&アイHDやイオンのGMSの売上不振が続いているところをみると、郊外型の大型ショッピングセンターの撤退は今後も続くとみられます。このことは、都市の将来を考えるうえで、大変重要だと思われます。このままではいけないとの思いから、地方都市は何らかの手を打ってくるでしょう。地方の将来にとってLRTの導入が良いことなのかは、私には分かりませんが、都市の有力な活性化策の一つとして注目される可能性があると感じています。

 

地方を訪れると、上記のようにいろいろと考えさせられることがあります。たまにしか訪れないためかえって強く感じることや、他の街との違いなどから思うこともあります。もともと一人旅も好きな性格なので、地方企業の取材も苦になりません。見て、聞いて、感じて、楽しみながら、投資アイデアを考えるのも良いのではないでしょうか。

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、資料作成時点におけるレポート作成者の 判断に基づくもので、事前の予告なしに将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ