リオデジャネイロ五輪

バックナンバーに戻る

2016/8/8

株式運用部

部奈 和洋 

※このレポートでは、日本株ファンドマネージャーが注目しているトピックなどを毎週お届けします。

 

リオデジャネイロ五輪が開幕しました。スタジアム建設の問題や、病気、治安のことが懸念されていましたが、無事に開幕できてなによりです。世界の超人達のプレーにワクワクドキドキしたり、日本人選手を応援し、大声を出す日々になりそうです。さっそく競泳や重量挙げ、柔道で日本人メダリストが誕生。早くも感動して、泣きそうになってしまいました。

 

選手の活躍の裏側では、企業の戦いもあります。映像や交通分野などもありますが、やはり最も力が入っているのは、スポーツ用品でしょう。ブランド力の向上、新興国などへの展開を考える上で、五輪などの世界大会での活躍はうってつけです。例えば、1991年に東京で開かれた世界陸上の男子100m走の当時の王者カール・ルイスと、新記録を打ち立てたばかりのリロイ・バレルの戦いの裏では、日系大手メーカー間でスパイク開発競争が行われ、反発を重視したVピンや、軽さを重視したプラスチックピンのスパイクが開発されました。私は、陸上部に入った後にそのことを知り、大変感激した記憶があります。水泳では、今では禁止されている高速水着が2008年の北京五輪前に大きく注目されました。SPEEDO社が開発したレーザー・レーサーが代表例で、日本でも北島選手が着るのか否かが話題となりました。ほとんどの選手が着用するまでになり、用具の進化が大きな影響を与えた一例になりました。今回の五輪で個人的に楽しみにしているのは、112年ぶりに開催されるゴルフです。世界のゴルフクラブ市場は、数年前より供給増による値崩れで、市場は停滞しています。足元で、アディダスはテーラーメイド部門を売却すること、ナイキは用具市場自体から撤退することを発表しています。業界再編により日系メーカーが躍進する可能性に期待しています。今回出場する男子プロの一人は、今期より日系メーカーの新潟工場で生産されるアイアンを使用している模様で、国産技術の良さがクローズアップされるかもしれません。

 

世界のスポーツ用品市場は小売りベースで20~30兆円と推測されており、成長を続けています。主要メーカー5社の売上高は、2000年に約2兆円でしたが、2015年には約8兆円にまで成長しており、年率10%弱の成長率になっています。中国を中心としたアジアでの成長が牽引しています。日本人と体型が近いことは、日本のスポーツ用品メーカーにとって大変有利です。

 

また、日本は多様なスポーツを楽しむ国の一つだと思います。世界的に人気の高いバスケットボールやサッカー、テニスはもちろん、アジアで人気のバドミントンに加え、相撲や柔道などの武道、東京五輪で採用された野球、ソフトボール、空手の他、自転車やフィッシングも楽しみます。新興国でも様々なスポーツを楽しむようになってきており、これも日本メーカーの知見を活かせるという点で有利です。こういった点を活かして、すでに一部メーカーはアジアの市場を取り込んでおり、今後の成長も期待できます。

 

放映権やスタジアム収入なども含めたスポーツ産業で考えても、日本には大きな可能性があります。小西美術工藝社の社長でアナリストのデービッド・アトキンソン氏によると、この20年で米国ではスポーツ産業が約3倍に大きく成長した一方、日本は横ばい圏にとどまったようです。米国では、エンターテイメントと結びついたことが成功の背景だそうです。先週、私は神宮球場へ行ってきました。昔に比べれば工夫がみられると思いますが、盛り上げ方や物販のやり方はもっとできる部分もあるように思いました。成長のポテンシャルは高いのです。他にも先日のニュースで、Jリーグが放映権を外資系企業に対し、今の4~7倍の金額で契約したとのことです。やり方によっては、他のスポーツでも放映権を今までより高く売れる可能性はあると思います。体験型消費への追い風もあり、国内スポーツ産業がビジネスとして飛躍する絶好のチャンスともいえます。

 

私は2020年の東京五輪につながる選手を見つけることとともに、スポーツ産業の成長の恩恵を受けられる銘柄を探しながら、リオデジャネイロ五輪を楽しみたいと思います。寝不足に負けず、頑張って観戦しましょう。

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、資料作成時点におけるレポート作成者の 判断に基づくもので、事前の予告なしに将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ