百聞は一見にしかず

バックナンバーに戻る

2016/9/20

株式運用部 

部奈 和洋

※このレポートでは、日本株ファンドマネージャーが注目しているトピックなどを毎週お届けします。

 

先日、地方にある自動車部品メーカーの本社を訪問させていただく機会がありました。最寄りの駅から少し離れているとのことで、タクシーを使いました。数分後、物流倉庫の入り口でタクシーは止まり、運転手の方が「これ以上は行けないので、ここで降りてください」と言います。運転手の方は結構なお年に見え、訛りも強かったことから、行き先が伝わってなかったのかと不安に思いながら、私はもう一度社名を伝え、行き先の確認を行いました。すると、運転手の方が、数メートル先の看板を指差します。よく見ると、私が訪問させていただく会社でした。トラックの脇をすり抜け、入り口に到着すると、物流倉庫の三階に本社があることが分かりました。これまで数多くの上場企業の本社を訪問させていただいていますが、倉庫の上は初めてで、非常に驚きました。後で聞いたのですが、本社は賃貸物件で、場所や賃料、ワンフロアの広さから決めたとのことでした。同社のIRの方は、「初めて来られる方の多くは驚かれ、特に採用は苦労しています。」と苦笑いされていました。しかし私は、同社が開発力を背景に競合対比で高い利益率を誇っていることから、付加価値のとれないところは徹底してコストを抑制する姿勢を垣間見た感じがしました。

 

次に、受付が印象に残った2社をご紹介します。ともに売上高1兆円を超えるメーカーです。ただし、足元の業績は苦しく、前期は両社とも最終赤字に陥っています。1社目は東京の一等地にあります。1階の受付には4人の女性がおられ、要件を話すと、上のフロアへ向かうよう言われました。行ってみると、ここにも受付があり、3人の女性がおられました。非常に丁寧でスムーズな対応でありがたかったのですが、ここまでのサービスはメーカーとしては珍しく、来客数から見て、少し人が多い印象でした。元々テレビCMも多い印象を持っていたこともあり、一事が万事で、コストに甘いのかなという思いが強まりました。もし本気になってコストカットに取り組めば、株価評価見直しのポテンシャルは大きいと感じながらミーティングに臨みました。

 

もう1社の受付は先ほど挙げた企業とは全く違いました。同社は、およそ20階建のビルをグループで使っていました。1階の受付に席は2人分あるのですが、座っていたのは1人だけで、上のフロアに上がると、IR担当の部署の方が部屋まで案内してくれました。さすがに来客数から見て受付の人数が少ない印象を持ちましたが、長時間待たされるといったことはありませんでした。これは、相当業績が苦しいのかもしれないと感じたこともあり、私は、厳しい業界環境が続いても赤字から脱却できるのか、開発や投資が疎かになってしまっていないかに注目してミーティングを行いました。

 

私達が企業のIRの方とミーティングを行う際は、当社にお越しいただくことが多くなっています。時間的な制約から、この方がより多くの企業の方とミーティングができるからです。しかしながら、私は本社や工場への訪問も行うよう心掛けています。それは、目で見たことが考えるきっかけになり、企業の方がしてくださる話を、より感覚的に素早く理解できるからです。今後も、出来るだけ多くの会社を訪問したいと考えています。

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、資料作成時点におけるレポート作成者の 判断に基づくもので、事前の予告なしに将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ