小型、ガバナンスの変化が始まった!

バックナンバーに戻る

2016/10/3

株式運用部

永田芳樹

※このレポートでは、日本株ファンドマネージャーが注目しているトピックなどを毎週お届けします。

 

最近、私が長年カバレッジをしてきたいくつかの小型株に、大きな変化がありました。

 

1社目は東日本の地方の食品会社です。この会社は日本人なら誰でも知っているお菓子を製造販売する会社です。ここ数年売り上げ成長が加速しており、円安を乗り越え利益成長してきました。ただ地方に本社があり、これまで積極的にIR活動を行ってきませんでした。このような企業の特徴は、PERといった株価バリュエーションが相対的に低位なことです。この会社の場合、食料品の同業他社がPERで25倍程度に評価されている中、現在でも10倍台半ばで評価されていますが、さすがに他社に劣らない増益率のため、緩やかに株価が上昇してきました。

 

この会社にはここ3年で6回程、IR面談をお願いしてきたものの、毎回断られていました。ところが今回初めて訪問取材の許可をいただきました。まだ訪問は先なのですが、先方の担当役員の方からは事前に「いろいろよろしくお願いします。」と言われており、不安を持ちながらも会社として相当な覚悟をもって面談を受けたのが垣間見られます。

 

実はこのような会社は、誰も見ていない小型株ではいくつもあります。別の東証2部上場の食品会社も私と面談すると、必ずIRについて今後どうすれば良いかと聞いてきます。他の機関投資家からIR依頼がないのかほとんど会っていないようで、毎回説明会や資料内容についてアドバイスを求めてきます。ただ説明会も行いたいのですが集客などの懸念もあり、なかなか踏ん切りがつかないようです。それも当然で会社として満を持して説明会を設定し社長がプレゼンするのに、聞く人が少ないと事務方は恰好がつきません。私は初めて開催する会社は多くの人が集まりますとアドバイスをしているのですが、実際の開催は来年度になるかもしれません。

 

次にご紹介するテックセクターの小型株の会社は、先日初めて同社の北陸工場見学会を開催しました。ただ遠方のため宿泊する必要があり、参加者は私を含めて3名しかおらずこじんまりとした見学会でした。私は前日に現地に行かないと取材できない2社の企業訪問を行ったため有意義でしたが、小型株に興味がないファンドマネージャーやアナリストは、わざわざ1社の地方の工場のために2日も潰せないのかもしれません。

 

ただこの工場見学は大変役に立ちました。近接する3つの工場を順番に回ったのですが、各工場長自ら詳細に事業内容を解説いただきました。特に興味を持ったのが地元での役割です。その地方ではこの会社で働くか公務員をやるか、農業をやるかしか働き口がありません。この会社はその地方の雇用を支えるためになくてはならない企業で、働いている方はまじめに業務に取り組んでいました。

 

この地方工場は実は株式市場では、利益率が上がらない元凶のように言われがちでした。それもセルサイドからバイサイドまで、実際の工場を見た人は誰もいないにも関わらず、表面上の数字を見て労組が悪いのではないかなど言いたいことを言っていました。私もそういう目で工場見学にいきましたが、実際に問題があったのは低採算の受注を行う本社サイドで、この地方工場は実直に収益改善に取り組んでいます。ただコスト配分が見えないために、工場が悪いように見えていたのです。

 

この工場見学を企画した本社のIR部門はがんばりました。地方工場とはいえ、会社内でそれ相応の力を持つ部門に初めて見学会をさせるのは大変だと思います。自社の問題点も明らかになるのを恐れずに見学会を開いたことは、非常に大きな変化だと感じます。

 

このように小型企業では、これまでになくIR姿勢の変化が目立ってきたのを強く感じます。その大きな理由が安倍政権になって加速している企業統治改革です。2014年に閣議決定された「日本再興戦略」で明示され、日本としては異例の速さで2015年に制定されたコーポレートガバナンスコードがその中核です。その基本原則には適切な情報開示と透明性がうたわれており、おそらくこれがこれまで積極的でなかった企業が変わりだした理由だと思います。取締役会などで触れられれば事務方は迅速に対応をするのが、日本の企業です。アベノミクスは色あせてきた感もありますが、中小型株の世界ではその効果は着実に現れ始めています。

 

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、資料作成時点におけるレポート作成者の 判断に基づくもので、事前の予告なしに将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ