ゲーム業界、スマホ後の変化

バックナンバーに戻る

2016/10/24

株式運用部

永田芳樹

 

※このレポートでは、日本株ファンドマネージャーが注目しているトピックなどを毎週お届けします。

 

先週任天堂から、「家庭用据置型テレビゲーム機の娯楽体験を切り替える『Nintendo Switch』」が初めて公開されました。私はSwitchの特徴は、以下のように考えています。

  • 据置型テレビゲームでありながら本体を持ち出せる。
  • 取り出した端末は画面とCPUを含むため据置機品質のゲームを屋外で楽しめる。
  • コントローラが着脱式となっており、VRなどの拡張性も期待される。
  • タッチパネルなど独創性にこだわりすぎたWiiUと異なり、オーソドックスなシステム構成をとっている。
  • 任天堂の独自コンテンツに加え、EAやACTIVISIONなどの大手パートナーを取り込んでいる。
  • ディスクメディアではなく、3DSなどで採用されてきたカートリッジを採用している。

 

Switchを2012年に発売したWiiU後継とは任天堂は発表していないため、WiiUの次世代機とはいえないかもしれません。ただ独自性の強すぎるコントローラ中心の設計や、低スペックの演算能力など、WiiUの失敗の原因をできる限り潰した内容となっています。

 

Switchの紹介ビデオを見ると、若者が屋内、屋外でプレーしている姿で一貫しており、子どもがでてきません。このことから今回は子どもではなく、若年層以上をターゲットとしているのは間違いありません。またアメリカの半導体メーカーのNVIDIAは、今回の発表に合わせ、NVIDIAのモバイル向けTEGRAシリーズがSwitchに採用されたことを発表しました。NVIDIAはPC向けグラフィックカードに強く、ゲーム機向けプロセッサ開発にも積極的に取り組んできた企業です。

 

まだSwitchの性能が発表されていないため憶測の域をでませんが、モバイルを意識したにも関わらずWiiUより相当性能は高そうです。これまでのように遊び方でソニーやマイクロソフトのゲーム機と差別化するのではなく、コアゲーム層が望むゲームをオーソドックスなゲームスタイルで屋内屋外問わず遊ぶ端末となりそうです。

ターゲット層別の任天堂のゲーム戦略

(各種資料より大和住銀作成) 

 

上の表のように最近の任天堂のゲーム戦略を、ターゲット層にわけて考えてみました。ライトユーザーとコアユーザーという分け方が一般的ですが、さらに細分化しています。ニューライトユーザーとは、これまでゲームに触れたことがなかった高齢者などのことです。PokemonGoのブームも落ち着きを見せ始めていますが、このゲームは新たな鉱脈を発掘しました。高齢者やスマホを持ちながらゲームをやったことがなかった人々に、初めてスマホゲームを体験させたのです。私の70歳の父親もこれを散歩がてらやっており、最近は孫と二人で数時間出かけ、素晴らしいコミュニケーションツールとなっています。またスマホをあまり活用していなかった当社のファンドマネジャーもPokemonGoには未だ熱中しており、レベルが20台後半になるまでやりこんでいます。ゲームに慣れ親しんだ層は減少傾向が鮮明ですが、実はこのゲームは、ニューライトユーザーという新たなゲームのユーザー層を開拓したのです。

 

この表からもわかる通り、Nintendo3DSやWiiUは明らかにライト層に偏ったゲーム機でした。ここ1年、任天堂は矢継ぎ早にスマホゲームのノウハウを持つ日本のDeNAとの提携、PokemonGoへの協業や12月のスマホゲームのスーパーマリオランのローンチを進めてきました。この動きは普通の人が見れば当たり前かもしれませんが、長年任天堂株を真剣に追いかけてきた私にとっては革命的な変化の速さです。

 

私はスマホの性能向上の成熟化とタッチパネルの限界により、ライト層以下のゲームユーザーがゲーム専用機からスマホへシフトすることを予想しています。そして、世界で既に4,000万台以上売れているソニーのPS4のようにコア層を取り込むことができれば、意外や意外、Switchは大ヒットすると思います。その時は任天堂のスマホ向けビジネスが成功している可能性が高く、株価は上場来高値を狙っているかもしれません。そのカギを握るのがバランスのとれた価格設定と、コア層をそれなりに満足させる性能です。その発表が注目されます。

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、資料作成時点におけるレポート作成者の判断に基づくもので、事前の予告なしに将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ