ドキドキ体験

バックナンバーに戻る

2016/10/31

株式運用部

部奈和洋

※このレポートでは、日本株ファンドマネージャーが注目しているトピックなどを毎週お届けします。

 

今年は「バーチャルリアリティ(VR)元年」と呼ばれています。私も先週、ついに2種類のVRを体験してきました。ケーブルが邪魔になることや怪我が増える懸念、外で使用する場合の犯罪に会う可能性の高まりなど、課題もありますが、今後ゲームに限らず、新しいサービスがいくつも出てくる可能性を感じることができました。

 

最初に体験したのは、10月に発売されたソニーの「プレイステーションVR」です。高性能なVRを相対的に安価に楽しむことができるのが特徴です。ヘッドマウントディスプレイをずっとつけていると、暑く感じ、不快になってくるので、長時間のプレイには課題がありそうでしたが、本当にそのコンテンツの世界の中にいる感覚に襲われました。例えば、「サマーレッスン」という、コミュニケーションを楽しむゲームでは、相手の女子高生がふいに近づいてきた時、思わずドキッとしてしまいました。また、ホラーゲームの「KITCHEN」を体験した時には、恐怖で手に汗をぐっしょりとかいてしまいました。次に映像コンテンツ「シン・ゴジラスペシャルデモコンテンツ」を鑑賞しました。ゲームより見え方がクリアで、なめらかな感じを受けました。今後に期待されているVR映画は、4Dシアターをさらに進化させるかもしれません。また、課題として指摘されているVR酔いの問題ですが、私は全く問題ありませんでした。しかし、一緒に体験した上司は若干酔ってしまったそうですし、先に体験した先輩は一晩中頭痛に悩まされたので、人によっては大きな障害になります。ある日本のゲームメーカーは、酔いを抑える技術の特許をとっており、注目を集める可能性があります。

 

次に、建設業向けCADソフトウェアのメーカーのショールームにお邪魔して、バーチャル空間体感システムを体験してきました。ヘッドマウントディスプレイは、HTC社のViveを使っています。これはレーザーを使った技術で、位置情報を把握できる点が特徴です。これを使うことで、実際に歩いて、バーチャル住宅展示場を見て回ることが可能になっています。目の高さから部屋を見ることができ、手にもったリモコンがモノに触れると振動する仕組みになっていることから、どのくらいの高さなのかも身をもって知ることもできます。さらに、自由な角度から家の断面を見ることや、家の構造を3Dモデルで確認することもできるようになっています。全体として、質感はまだ十分に表現できていないと感じましたが、リアルとの組み合わせで十分に使えると思いました。既にいくつかの引き合いもきているようです。住宅展示場やマンションのモデルルームは、場所やコストの制約から代表例しか造れていないのが一般的かと思いますが、これを使うことで、様々なバリュエーションを低コストで顧客に提示することができ、購入を後押しすることができると考えられます。現時点では、一人ずつしか体験できませんが、将来的には2人以上でできるようにしたいとのことでした。こうなれば、夫婦や家族でVR住宅を体験しながら、意思決定ができるようになります。

 

上記の体験から、ゲームなどエンターテインメント以外の分野でのVRの拡がりもかなり期待できる印象を持ちました。簡単には行くことができない場所への旅行や、バーチャルなインターネットモールでの買い物などが有望でしょうか。他にも、何かの訓練や練習にも使えると思いました。というのも私はゴルフをしますが、打ちっぱなしのマットから打つのは退屈で、なかなか練習に行く気になりません。もしVRで、世界の名コースとして知られているオーガスタなどでプレイしている感覚の中で練習できれば、もっと集中して楽しめると思ったからです。いずれにせよ、技術の進歩をともないながら、なんらかの新しいサービスが出てくることが期待できるので、そこで成長が期待できる企業を、想像力を駆使することによって、探していきたいと考えています。

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、資料作成時点におけるレポート作成者の 判断に基づくもので、事前の予告なしに将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ