値上げができるようになる企業の見つけ方~需給はポークサイクル、ブランドはレストランサイクル~

バックナンバーに戻る

2016/12/19

株式運用第一部

上石卓矢

 

※このレポートでは、日本株ファンドマネージャーが注目しているトピックなどを毎週お届けします。

 

著名投資家のウォーレン・バフェットは『企業を評価する上で、唯一最も重要な判断材料は価格決定力だ』(2011年2月18日付、Bloomberg)と述べています。これは、「シェアを失わずに値上げができる企業ならば継続的な利益成長が期待できる」という考えに基づくものです。バフェット氏はこうした企業を消費者独占型企業と呼び、独占的な製品やサービスを有する割安な企業に投資をし、成功を収めました。

 

しかし、バフェット氏の投資手法が有名になるにつれ、継続的に値上げができる企業は割高で取引されるようになり、同じ手法で超過収益を獲得するのは以前より難しくなりつつあります。このような環境に対応する方法としては、他の投資家より一歩進んで、従来値上げをできなかった企業が値上げをできるように変化するのを予測し、値上げ実施前の割安な段階で投資をするという戦略が考えられます。つまり、値上げができるようになる企業を探すという投資手法です。

 

そうした値上げができるようになる企業を見つけるには、ポークサイクルとレストランサイクルという2つの考え方があると思います。ポークサイクルとは、文字通り『豚の価格が上がる⇒畜産家が豚の飼育を増やす⇒供給増で豚の価格が下がる⇒畜産家が豚の飼育を減らす⇒供給減で再び豚の価格が上がる』という循環のことで、需給の観点から値上げができるようになる業界を探すのに有用です。

 

ポークサイクルを企業業績に当てはめると、『単価上昇⇒数量増加⇒単価下落⇒数量減少⇒単価上昇』という循環になるため、値上げができるようになる直前の企業業績は、単価下落と数量減少によって減益か赤字です。こうした企業は概ね投資家から不人気なのですが、PBRでみた株価は割安で、市況回復時には単価上昇と数量増加によって業績が急改善します。私は、ポークサイクルに基づき、2016年は原油、原料炭、液晶、ナイロン原料のカプロラクタムなどに注目してきました。2017年は資源関連の設備投資に注目しています。

 

ただ、ポークサイクルは1920年代に発見された原理であり、長期的な市況のデータが存在するため、ポークサイクルによる投資は将来AIに代替される可能性があります。

 

そこで考えたのが、長期データの取得が難しいブランドの観点から値上げができるようになる企業を探すレストランサイクルです。レストランサイクルとは、レストランの評価と客単価の関係を説明するモデルで、『無名で客単価の低い新店⇒(格安メニューの提供や知名度上昇による評価上昇)⇒ 評価が高くても客単価は抑えられたコストパフォーマンスの良いお店⇒(高評価を背景とした客単価上昇)⇒評価も客単価も高い高級店⇒(高い客単価や味の低下による評価下落)⇒評価は低いが客単価は高いお店⇒(低い評価を背景とした客単価下落)⇒レストランの名前やコンセプトなどをリニューアルした無名で客単価の低い新店』という循環です。

 

このレストランサイクルで見て、企業がいつ値上げができるようになるのかを考えると、顧客に一度使ってもらうために販売促進費や広告宣伝費をかけ、ブランド価値を高めた後、高い評判やブランドを活かして収益化を図る、という順番になります。

 

この代表例は、2007年から2011年のサンリオです。サンリオは2007年まで約30年間にわたり物販でハローキティの評判を欧米で高めた後、キャラクターライセンスビジネスを欧米で開始し、H&MのようなSPAがグローバル展開をするときのキービジュアルとして採用されるなどして業績が急拡大しました。

 

レストランサイクルに基づき、企業の評価やブランド価値に注目することで、当時のサンリオに続くような成長企業を見つけられる可能性があるとみています。

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、資料作成時点におけるレポート作成者の 判断に基づくもので、事前の予告なしに将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ