株式市場見通し(2016年6月3日)

バックナンバーに戻る

経済調査部

部長 門司 総一郎

 

6月に入って日本株は2日続落。2日間の下落率は、日経平均が▲3.9%TOPIXが▲3.5%5月の上昇を打ち消すものとなりました。今回は「通貨と株式市場-『通貨安=株高』は本当か?」をお休みして、足元の日本株について検討します。

 

安倍晋三首相による消費増税延期の正式表明を61日に控えて、株高を見込む向きが多かったと思いますが、結果は逆になりました。特段の悪材料がないにもかかわらずです。

 

株安の理由としてまず挙がるのは円高ですが、円高になる理由も特に見当たりません。逆に為替の関係者の中には、株安が原因で円高になったとの指摘もあります。なお当コラムでは円高と株安の関係については、どちらが原因でどちらが結果という訳ではなく、リスク・オン/オフ次第で円高/株安になったり円安/株高になったりすると見ています。(詳しくは当コラムの「通貨と株式市場-『通貨安=株高』は本当か?」をご覧ください)

 

それ以外では英国の国民投票や米国の利上げなどの海外要因。また安倍首相が記者会見で景気対策の内容を明らかにしなかったこと、などが挙げられていますが、どれもピンときません。私自身は実は今回の株安の理由は、消費増税延期の決断そのものと、それを巡る安倍首相の迷走にあると考えています。

 

6月2日付けウォールストリート・ジャーナル(アジア版、以下WSJ)は、1日の安倍首相の記者会見に関して“Abenomics Is on the Rope”(アベノミクスは行き詰った)と題する記事を1面に掲載しました。内容は「安倍首相は日本経済が消費税率引き上げを許すような状況でないこと、デフレに逆戻りするリスクがあることを認めた」、「安倍首相の言葉は、アベノミクスのエンジンが止まりかけていることを認めたようなものだった」などで、今回の決定をアベノミクスの行き詰まりを示すものと批判的に受け止めています。

 

同日のフィナンシャル・タイムズ(FT)の記事は、WSJに比べれば穏やかなものですが、それでもこの決定を「就任3年が経過したにもかかわらず、日本経済が本格的な財政再建に着手できないことを示した」と、WSJ同様に否定的に受け取っています

 

日本の投資家の間では増税先送りは景気にプラス、日本株にも好材料との受け止め方が一般的です。しかしWSJFTのように日本経済の回復の遅れやアベノミクスの停滞を示すものと受けとめれば、これは日本株売り要因となります。ここ2日間の株安は今回の決定についてWSJFTのような受け止め方をした投資家によって引き起こされたものと考えています。

 

今回の決定を巡って安倍首相に2つの誤算があったと思います。1つは「日本の景気は弱い」といわざるを得なくなったことです。

 

同じ増税延期でも「日本経済はデフレ脱却に向かっているが、それを確実にするために増税を延期する」といえれば随分楽だったと思いますが、自ら「リーマン・ショック級の危機がなければ予定通りに増税する」とを明言したためにできません。伊勢・志摩サミットを利用して、何とか正当化しようと思いましたが果たせず、却って内外の批判を浴びることとなりました。

 

もう1つの誤算は、増税先送りを否定的に受け取る見解が思った以上にあったことです。安倍首相としては「増税しないのだから景気はよくなって当然」ぐらいの気持ちだったのでしょうが、「そんなに景気は悪かったのか」との受け取り方も当然あるでしょう。

 

この他に財政規律をないがしろにすることや容易に発言を撤回することへの批判もありました。「安倍一強」と祭り上げられる中で安倍首相の心の中に驕りが生じていたのかもしれません。サミットを増税延期を正当化する場所に利用する発想、盟友と呼ばれた麻生太郎財務相の意見に耳を貸さない態度などは3年前の安倍首相にはなかったと思います。

 

皮肉なことに1-3月の実質経済成長率は前期比年率1.7%、先日発表された法人企業統計が良かったことから2%台に上方修正されるとの見方も出ています。その他にも、4月鉱工業生産指数など足元の経済指標は軒並み改善を示しており、このまま行けば「先送りは不要だった」との声が出るかもしれません。

 

日本株については足元の景気に改善の兆しが見られること、一株利益ベースでは今期は2ケタの増益が見込まれていること。またバリュエーションに割安感があることから、基本的には強いと見ており、英国の国民投票で波乱がなければ、当面上昇が続くと予想しています。ただし、安倍首相が最近の独断的なふるまいを続けるのであれば、政治リスクが株価の上値を抑える可能性はありそうです。特に7月には参院選が控えていますが、そこで苦戦するようであれば株式市場にも影響が出るでしょう。こうしたリスクには注意が必要と見ています。

以上

 


本資料は投資判断の参考となる情報提供を目的としたもので、当社が信頼できると判断した 情報源からの情報に基づき作成したものです。情報の正確性、完全性を保証するものではありません。 本資料に記載された意見、予測等は、資料作成時点におけるレポート作成者の判断に基づくもので、 今後予告なしに変更されることがあり、また当社の他の従業員の見解と異なることがあります。 投資に関する最終決定は、投資家ご自身の判断で行うようお願い申し上げます。

PICKUPコンテンツ