株式需給のここに注目-外国人投資家の買い余力は充分

バックナンバーに戻る

2016/11/4

経済調査部

部長 門司 総一郎

 

10月は米S&P5001.9%安、欧州のSTOXX6001.2%安など、他の株式市場は全般に軟調だったのですが、TOPIX5.3%上昇するなど日本株は好調でした。前々回当コラムで紹介した業績底入れ期待、前回紹介した金利低下リスク後退などが日本株好調の理由ですが、外国人買いもその理由の1つです。今回は外国人買いを取り上げます。

外国人買い越し額

 

まずこれまでの外国人の動きを見てみます。2012年後半に外国人は売り越しから買い越しに転じ、15年前半まで買い越しを続けました。しかし、その後は売り越しに転じ、2015年通年では3.4兆円、161-9月も7.2兆円の売り越しです。ただし、10月には買い越しに転じ、第1週から第3週まで1.3兆円の日本株を買い越しました。この外国人買いが10月の日本株高の理由の1つです。

 

次に今後の外国人買いの持続性について考えてみます。ポイントは2つあります。買う理由と買い余力です。外国人が買い越しに転じたきっかけは前述の業績底入れ期待や金利低下リスクの後退などです。こうした要因については前回、前々回の当コラムで述べたようにいずれもしばらくは日本株を押し上げる要因であり続けると見ています。

 

外国人の買い余力についてもまだまだ高いと見ていますが、この点について米系証券会社BofAメリルリンチの「ファンドマネージャー調査」(FM調査)を見てみます。FM調査はメリルリンチが毎月10日前後に実施する世界の機関投資家を対象にしたアンケート調査です。当社のような国内の投資家も回答していますが、回答者の多くは大半は海外の投資家です。

 

外国人が日本株を買う場合、大雑把にいって2つのケースがあります。1つは債券や現金など他の資産から株式に資金をシフトするケース、もう1つはグローバルな株式ポートフォリオの中で米国やユーロ圏など他の国・地域から日本株に資金をシフトするケースです。前者は資産配分の変更による日本株買い、後者はグローバル株式の国・地域別配分の変更による買いといえます。

 

まず前者についてですが、FM調査には株式・債券・現金などについて現在のポジションがオーバーウェイト(基準値よりも多めに保有している、以下OW)、アンダーウェイト(基準値よりも少なめに保有している、以下UW)、中立(基準値並みに保有している)のいずれかを問う設問があります。左下のグラフは株式に対する回答に関するもので、折れ線グラフは株式OW(またはUW)と回答した投資家の比率、棒グラフ(ネットバランス、NB)は両者の差をとったものであり、これが高いほど投資家全体として株式に強気なことを示しています。

 

機関投資家の株式に対するポジション

 

NBはプラス圏で推移することがほとんどです。2011年や12年にマイナスになったことがありますが、いずれも一時的なものに止まりました。

 

足元NB9月の+1%から10月の+12%に上昇しましたが、2011年以降の平均+33%を下回っています。言い換えれば投資家は株式にまだ慎重で、低めの組み入れに止めていることになるので、ここから更に組入れを引き上げる余地は、まだまだあるといってよいでしょう。

 

次に後者についてですが、FM調査には、グローバル株式ポートフォリオにおける日本・米国・ユーロ圏・英国・新興国それぞれのポジションを問う設問があります。右上のグラフは日本株に対する回答に関するもので、NBが高いほど日本株に強気な投資家が多いことを示しています。

 

2012年まで日本株のNBはマイナス圏にあり、この間日本株に弱気な投資家が多かったことを示しています。しかし、2012年末の安倍政権発足をきっかけにNBはマイナスからプラスに転じ、昨年5月には+42%に達しました。前ページのグラフが示すように、この間外国人は買い越しを続けています。

 

しかしそこからNBは低下に転じました。特に今年に入ってから急低下し4月にはマイナスに転落、9月には-9%まで低下しました。201212月以来の低水準です。この間外国人は日本株を売り続けました。

 

しかし、10月のNB-4%に上昇しました。これは外国人が日本株にまだ弱気ではあるものの、それでもグローバル株式ポートフォリオにおける組み入れを引き上げ始めたことを示している可能性があります。実際10月に入って外国人は日本株を大幅に買い越しました。NB4年ぶりの低水準にあることを考えると、この観点からの買い余力もまだ大きいといえるでしょう。

 

このように資産配分、グローバル株式の国・地域別配分のいずれの観点からも、外国人の日本株買い余力は大きいと思われます。以上述べてきたように、業績底入れへの期待感、日本銀行の金融政策への安心感、外国人買い、この3つの理由で年末にかけて日本株の上昇が続くと予想しています。

 

以上


本資料は投資判断の参考となる情報提供を目的としたもので、当社が信頼できると判断した 情報源からの情報に基づき作成したものです。情報の正確性、完全性を保証するものではありません。 本資料に記載された意見、予測等は、資料作成時点におけるレポート作成者の判断に基づくもので、 今後予告なしに変更されることがあり、また当社の他の従業員の見解と異なることがあります。 投資に関する最終決定は、投資家ご自身の判断で行うようお願い申し上げます。

PICKUPコンテンツ