日本再興戦略のここに注目-構成と内容

バックナンバーに戻る

経済調査部 部長 門司 総一郎

 

6月には2015年版の日本再興戦略が策定される見込みです。株式市場ではもはや死語と化した感もある成長戦略ですが、当コラムが再三指摘するように、実際の成長戦略は着実に進展しています。

 

そのため、来月の日本再興戦略は市場関係者に成長戦略の進展を認識させ、それにより株式市場を押し上げると予想していますが、そこで「市場のここに注目」は今回から数回にわたって日本再興戦略を取り上げることにしました。初回は日本再興戦略の構成や内容についてです。

 

2013年も14年も日本再興戦略はまず「総論」、続いて「アクション・プラン」の構成となっており、アクション・プランは日本経済の成長力を高めるための課題やそれを達成するための具体的な施策から成り立っています。アクションプランには、「日本産業再興プラン」、「戦略市場創造プラン」、「国際展開戦略」の3つがあります。

 

日本産業再興プランは日本経済や企業、特に企業の競争力強化を目指すものです。2013年の日本再興戦略では「直ちに取り組むべき必達課題」と位置付けられており、アクションプランの中でもっとも重要といえます。ここに含まれる具体的な課題・施策には、以下のものがあります:

 

  • ● 攻めの経営姿勢を後押しするためのコーポレートガバナンス強化。
  • ● 企業の新陳代謝や過当競争解消のための事業再編・M&A促進。
  • ● グローバルトップを目指す企業のための海外M&A・海外展開促進。
  • ● 持続的な経済成長に向けた賃金上昇、最低賃金引き上げ。
  • ● 生産性向上、人手不足解消のためのロボット革命。
  • ● 人手不足・人材不足対応のための女性の活躍推進、高度外国人材活用。
  • ● 立地競争力強化のための空港・港湾などインフラ整備、法人税率引き下げ。
  • ● エネルギーコスト削減のための原発再稼働やLNG調達コストの軽減。

 

戦略市場創造プランは「健康医療」や「エネルギー」など日本が抱える課題を解決し、そのノウハウを他国に販売することによって新たな市場の創造を図るものです。具体的な課題・施策には以下のものがあります:

 

  • ● 健康寿命延伸のための予防・健康管理サービス産業の育成。
  • ● 医薬品・医療機器産業の競争力強化のための先進医療の拡大。医薬品・医療機器開発、再生医療研究を加速させる規制・制度改革。
  • ● クリーンかつ安定的なエネルギー供給のための、再生エネルギーの徹底活用。
  • ● エネルギー消費効率向上のためのスマートコミュニティ拡大。
  • ● 地域資源で稼ぐ地域社会実現のための農業・観光業の活性化。

 

「健康医療」や「エネルギー」は理解できますが、「農業改革」や「観光立国」の趣旨は新市場の創造とは違う気がします。日本の農業や観光地としての競争力強化として、日本産業再興プランに移した方が分かりやすくなると思います。

 

国際展開戦略は日本再興戦略で「グローバル経済の中で、積極的に戦略的に勝ちに行くための、官民一体の取り組み指針」と定義されていますが、趣旨がはっきりしません。具体的な課題・施策には以下のものがありますが、他のアクション・プランと重複しているものもあります:

 

  • ● 自由貿易協定(FTA)、経済連携協定(EPA)の推進。
  • ● インフラ輸出、クールジャパンの推進。
  • ● 農産物輸出の促進。

 

国際展開戦略は量も少なく(2013年版で日本産業再興プランは34ページ、戦略市場創造プランは30ページ、国際展開戦略は8ページ)、1つのアクション・プランとして独立させる必要はなかったと思います。3つの方がすわりがよいと思ったのか、それとも省庁間の主導権争いのようなものがあった結果なのか分かりませんが、このように日本再興戦略は系統だって整理されておらず、分かりにくい部分がしばしばあります。ただ2013年版に比べれば14年版の方が、整理されて分かりやすくなっていますが。

 

以上が過去2回の日本再興戦略の構成と内容ですが、次回からは2015年版の注目ポイントについて述べていきます。

 


本資料は投資判断の参考となる情報提供を目的としたもので、当社が信頼できると判断した情報源からの情報に基づき作成したものです。情報の正確性、完全性を保証するものではありません。本資料に記載された意見、予測等は、資料作成時点における当社の判断に基づくもので、今後予告なしに変更されることがあります。投資に関する最終決定は、投資家ご自身の判断で行うようお願い申し上げます。

PICKUPコンテンツ