日銀 -長短金利操作付き量的・質的金融緩和-

2016/9/21

<量から金利へ>

日銀は9月20~21日に金融政策決定会合を行い、金融緩和強化のための新しい枠組みとして「長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)付き量的・質的金融緩和」の採用を決定しました。主な決定内容は以下の通りです。

 

  • 長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)
    ①金融市場調節方針
    短期金利:政策金利残高に▲0.1%のマイナス金利を適用する。
    長期金利:10年物国債金利が概ね現状程度(ゼロ%程度)で推移するよう、長期国債の買入れを行う。買入れ額は概ね現状程度の買入れペース(保有残高の増加額年間約80兆円)をめどとしつつ、金利操作方針を実現するよう運営する。

 

  ②長短金利操作のための新型オペレーションの導入

   i)日本銀行が指定する利回りによる国債買入れ(指値オペ)
   ii)固定金利の資金供給オペレーションを行うことができる期間を10年に延長(現在は1年)

 

  • オーバーシュート型コミットメント
    2%の「物価安定の目標」の実現を目指し、これを安定的に持続するために必要な時点まで、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を継続する。

<株高・円安へ>

マイナス金利幅拡大が回避されたことや長短金利差拡大期待から銀行株を中心に株価が上昇しました。日経平均の終値は前日比+315.47円上昇し、16,807円62銭となりました。
また、為替市場では日銀が2%の物価安定目標が実現するまで金融緩和を続けると明確にしたことなどから、円安米ドル高となっています。15時現在では1米ドル=102.58円前後で推移しています。

<今後の見通し>

市場に出回る国債が少なくなったため金融緩和策継続に限界論が出ていましたが、日銀による金融政策の枠組み変更により、金融緩和策は今後も続くことが見込まれます。
一方、米国では9月のFOMCでは利上げが見送られる可能性が高いものの、労働市場の改善や景気回復から今後の利上げ路線に変更はないと見込まれます。今後は日米の金融政策の方向性の違いから円安米ドル高が進むと予想されます。

米ドル/円の推移 日経平均の推移

出所:Bloomberg


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ