インド -新総裁就任後の初会合で半年ぶりの利下げ-

2016/10/5

 

政策金利の推移

<政策金利を6.25%に引き下げ>

 10月4日、インド準備銀行は政策決定会合を開催し、政策金利であるレポ金利(市中への貸出金利)を6.50%から0.25%引き下げ、6.25%とすることを決定しました。利下げは今年4月に行われて以来、半年ぶりとなります。
今回は9月に就任したパテル新総裁のもとでの初めての会合でした。今回会合から6人の委員による合議制で政策金利を決定する方式へと変更され、利下げには6人全員が同意しました。
パテル新総裁は記者会見で「弱含みの世界経済の需要が輸出入を押し下げている」と指摘し、インド経済の成長減速に対して先手を打つ姿勢を示しました。

 

 

 

 

 

<インドルピーの反応>

 事前の市場予想では約6割が政策金利据え置きを 予想しており、0.25%の利下げ発表は市場の予 想外でした。利下げ発表直後、インドルピーは対 米ドルで一時66.395ルピーまで上昇しましたが、 その後は下落しました。 10月4日の海外終値は1米ドル=66.46インドル ピー、1インドルピー=1.547円となっています。

 

 

 

 

 

 

 

<今後の見通し>

インドの経済成長率は7%台と高い水準を維持していますが、企業投資の鈍さなどから、第2四半期のGDP成長率は前年比+7.1%と第1四半期(同+7.9%)から減速しました。今年4月に利下げが実施され、国内の消費は堅調ですが、世界経済の減速の影響を受けて輸出を中心とした製造業が低迷しています。
パテル新総裁は景気下支えの姿勢を鮮明にしており、今後も金融緩和の姿勢を維持すると見込まれます。緩和姿勢の継続はインドルピーの対米ドルでの短期的な下落要因になると予想されますが、利下げによる景気下支え効果から高水準の経済成長率の維持が期待され、新興国通貨の中でのインドルピーの中長期的な優位性は保たれると思われます。

 

 

 

 

出所:Bloomberg


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ