インドネシア -3カ月連続利下げ-

2016/3/18

<政策金利を0.25%引き下げ>

インドネシア中央銀行(以下BI)は3月17日に定例理事会を開き、政策金利を0.25%引き下げ6.75%とすることを発表しました。利下げは今年に入って3カ月連続で実施されています。
声明文では「世界経済が弱含む中、利下げにより内需が刺激され経済成長に寄与する見込みである」としています。また一方、「国内のマクロ環境や金融システムの安定性を勘案し、さらなる金融緩和は慎重に判断するだろう」と利下げ打ち止めの可能性を示唆しています。

<今後の見通し>

インドネシアの2月のインフレ率は前年比+4.42%とBIのインフレ率の目標レンジである3-5%内に収まっています。今後も原油価格下落の影響により、インフレ率に対する低下圧力が見込まれています。
インドネシアは、資源安、中国経済鈍化などの世界経済減速を背景とした輸出減少などから経済成長が減速してきましたが、徐々に持ち直しが見られ依然として高い成長率と低いインフレ率を維持しているほか、構造改革とともに行われているインフラ投資
や利下げによる景気刺激に期待が高まっています。
米国の利上げペースが当初の想定より緩やかなものになる見込みのため、新興国からの資本流出懸念は後退すると予想されます。また、足元では世界経済に対する過度に悲観的な見方が弱まっており、資源価格が底打ちし始めています。新興国・資源国通貨であるインドネシアルピアも底堅く推移すると見込まれます。

政策金利とインフレの推移

出所:Bloomberg

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ