ECB –想定以上の追加緩和発表も打ち止め発言–

2016/3/11

 政策金利の

<全ての政策金利を引き下げ>

3月10日、ECB(欧州中央銀行)理事会は3つの政策金利を引き下げるなど想定以上の追加緩和策を発表しました。ECB預金金利は市場予想通り▲0.30%から▲0.40%に引き下げられましたが、主要政策金利であるリファイナンス金利(0.05%から0.00%へ)や、限界貸出金利(0.30%から0.25%へ)の引下げは想定外でした。
さらに資産買い入れ額を600億ユーロから800億ユーロに拡大するとともに、買い入れ対象に社債を含めることも発表されました。
ドラギ総裁は記者会見で「物価安定という政策目標が大きなリスクにさらされており、それに対抗するために包括策を決めた」と追加緩和決定の理由を述べています。ただ会見では「現在の見通しに基づけば、一段の金利引き下げが必要だとは考えていない」と発言し、これが利下げ打ち止めの可能性と受け取られました。

<ユーロは打ち止め発言受け上昇>

市場の想定以上の追加緩和策発表を受けて、ユーロは対米ドル、対円ともに下落しましたが、ドラギ総裁の記者会見での発言を受けて、一斉にユーロが買い戻されました。3月10日の海外終値は対米ドルで1ユーロ=1.1177米ドル、対円で1ユーロ=126.55円となり、前日よりも上昇しました。

<今後の見通し>

ユーロ圏の2月の消費者物価指数は前年比▲0.2%とECBの目標とする水準(前年比2%をやや下回る水準)を大きく下回っています。ECBはデフレに陥るリスクを回避するため、今後も緩和的な政策
を続けていくものと見込まれます。
今回の追加緩和策が市場予想を上回る内容であったことから、効果を見極めるためECBは現状の金融政策をしばらく維持するものと見込まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出所:Bloomberg


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ