南アフリカ -4対3で利上げを決定-

2016/3/18

<政策金利を0.25%引き上げ>

3月17日(現時時間)の金融政策委員会で、南アフリカ準備銀行(以下、SARB)は政策金利を6.75%から7.00%に0.25%引き上げることを決定しました。
食品価格上昇とこれまでの急激な通貨安の影響によるインフレ圧力が依然として高いことから、前回に引き続き利上げを決定しました。ただ、利上げ幅は前回の0.50%から0.25%へと小さくなっています。
会合では利上げ3票、据え置き3票と票が割れましたが、最終的にはクガニャゴ総裁が利上げを決定しました。

<今後も引き締めスタンスが続く見込み>

SARBは2016年のGDP成長率の見通しを0.9%から0.8%へ、2017年を1.6%から1.4%へ引き下げました。また、インフレ率の見通しは2016年を6.8%から6.6%へ、2017年を7.0%から6.4%へ修正しました。
インフレ率の見通しは前回よりも引き下げられましたが、SARBが目標とするレンジを上回っていることから、今後も引き締めスタンスが続く見通しです。

<今後の見通し>

南アフリカランド(以下ランド)は、昨年12月に財政再建に取り組んできたネネ財務相が解任されたことや、その後の中国経済の減速懸念再燃や資源価格の下落が進んだことから、下落傾向が続いていました。
南アフリカ経済は資源輸出への依存度が高いことから、中国経済や資源価格の影響を受け易い性質を持っています。足元では世界経済に対する過度に悲観的な見方が弱まっているほか、資源価格が底打ちし始めています。また、米国の利上げペースが当初
見込みより後退していることからも、新興国からの資本流出は抑制される可能性が高く、相対的に高金利であることがランドをサポートするものと見込まれます。

政策金利とインフレの推移

出所:Bloomberg

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ