日銀 -「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の導入-

2016/1/29

<マイナス⾦利付き量的・質的⾦融緩和>

⽇本銀⾏は1⽉29⽇の⾦融政策決定会合で「マイナス⾦利付き量的・質的⾦融緩和」の導⼊を決定しました。今回導⼊された政策のポイントは以下のとおりです。

  • ⾦融機関が保有する⽇本銀⾏当座預⾦の⼀部に▲0.1%のマイナス⾦利を適⽤する。今後、必要な場合、さらに⾦利を引き下げる。
  • イールドカーブの起点を引き下げ、⼤規模な⻑期国債買い⼊れとあわせて、⾦利全般により強い下押し圧⼒を加えていく。
  • これまでの「量」(⾦融市場調節)・「質」(資産買い⼊れ)の政策に「マイナス⾦利」を加えた3つの次元の緩和⼿段を駆使して、⾦融緩和を進める。

<株⾼・円安へ>

政策導⼊の発表直後、⽇経平均株価は前⽇⽐+597.48円⾼い17,638.93円まで上昇しました。為替市場では前⽇⽐2円60銭安となる1⽶ドル=121.42円まで円安⽶ドル⾼が進みました。
その後、⽇本株は前⽇⽐マイナスとなる⽔準まで⼀旦は下落したものの、再び上昇に転じ、29⽇の⽇経平均株価の終値は前⽇⽐+476.85 円⾼の17,518.30円となりました。為替市場では15時現在、1⽶ドル=120.53円となっています。

<今後の⾒通し>

⽇本銀⾏のマイナス⾦利導⼊の発表に対して株式市場、為替市場はポジティブに反応しましたが、今回の政策変更によって⽇本銀⾏は必要があれば追加⾦融緩和を⾏う姿勢であることが改めて⽰されました。
⼀⽅、⽶国ではFRBは政策⾦利を引き上げる⽅針を維持しており、政策⾦利は緩やかなペースで引き上げられていく⾒込みです。⽇⽶の⾦融政策の⽅向性の違いから⽶ドル⾼円安傾向が続くことが⾒込まれます。

 

米ドル円の推移日経平均の推移

 出所:Bloomberg


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに将来変更される場合があります。■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を約束するものではありません。■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ