豪州 ―政策⾦利据え置き、様子見姿勢が続く―

2016/2/2

<金利据え置き、ハト派姿勢を維持>

2月2日、オーストラリア準備銀行(以下、RBA)は政策理事会を開催し、政策金利を2.00%で据え置くことを決定しました。
声明分は1月に世界的に株式市場が下落したことなどを反映し、世界経済の先行き不透明感が増していることを確認する内容となりました。また、2015年、オーストラリア国内では資源セクターでの設備投資が調整する一方、非資源セクターでは景気の拡大が続いてきたことが声明分の中で述べられました。RBAはインフレ率が抑制されていることなどから、情勢次第で追加金融緩和を行う可能性があることを改めて示しました。

<豪ドルの推移>

1月は中国株式市場の下落を背景とした世界的な株式市場の調整などからリスク回避的な動きが広がり、月の半ばまで豪ドルは軟調に推移しました。その後は中国の株式市場の下げ止まり、ドラギECB総裁が追加緩和を示唆したことなどを背景として金融市場のセンチメントが改善、つれて豪ドルも反発する展開となりました。直近では日本銀行の追加金融緩和の決定も豪ドルの支援材料となっています。
今回のRBAの政策金利据え置きや声明分を受けて、豪ドルは大幅に下落しています。午後2時現在、1豪ドル=0.7076米ドル、1豪ドル=85.34円となっています。

<今後の見通し>

資源価格は下げ止まりつつあるほか、通貨安が資源安の悪影響を緩和することが見込まれます。通貨安は観光や留学といったサービス輸出の追い風となることが予想され、豪州景気は良好な推移が続くことが予想されます。また、2015年12月には中国とオーストラリアの間で自由貿易協定が発効されており、関税の撤廃が進んでいくことで中長期的に農業分野などで輸出が拡大していくことも期待されます。
為替については、日本とオーストラリアの金利差を背景に豪ドル円は底堅い推移が予想されます。


政策金利とインフレ率の推移 豪ドルの推移

出所:Bloomberg


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに将来変更される場合があります。■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を約束するものではありません。■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。 

PICKUPコンテンツ