メキシコ -ペソ下支えのため利上げと直接為替介入をサプライズ実施-

2016/2/18

<サプライズで一連のペソ下支え策を発表>

メキシコ中央銀行は2月17日(現地時間)、政策金利を0.50%引上げ3.75%にすることを発表しました。緊急会合で政策変更したのは今回が初めてでした。
2月4日に開催された定例の会合では政策金利の据え置きを決定していましたが、その後のメキシコペソ(以下ペソ)安によりインフレ目標を上回る可能性が高まったため、利上げを決定しました。
また、ペソを下支えするために米ドルを売る直接市場介入も行い、これまでの機械的な為替介入プログラムを廃止し、市場動向に応じて為替介入を実施する裁量的な方法へ変更しました。
今回の利上げについて中央銀行は「新たな利上げサイクルの始まりではない」とし、最安値圏にあるペソを下支えするために実施した姿勢を強調しています。

<今後の見通し>

利上げが決定された同日、メキシコ財務相は原油安に伴う歳入減に対応して、昨年11月に可決された予算から約1,323億ペソを削減すると発表しました。これによりメキシコ経済やメキシコ債券に対する投資家からの信頼感が高まると見込まれます。
原油安の影響を受けてエネルギー関連産業の低迷が予想されるものの、個人消費の増加が続くとみられるほか自動車産業など米国との結びつきが強い産業が牽引役になると期待されることから、今後もメキシコ経済は底堅く推移すると予想されます。
メキシコの構造改革への期待感や信用力が高いことなどを背景に、中長期的にメキシコペソは新興国・資源国通貨の中で優位性を保つと予想します。

 

メキシコ利上げ

出所:Bloomberg


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに将来変更される場合があります。■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を約束するものではありません。■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ