ブラジル -政策金利、据え置き続く-

2016/3/3

<政策金利は据え置き>

3月2日(現地時間)、ブラジル中央銀行(以下、BCB)は金融政策委員会において、5会合連続で政策金利を14.25%に据え置くことを決定しました。

声明文は前回とほぼ同じ内容で、マクロ経済シナリオ、インフレ見通しおよび現在のリスクバランスを検討し、国内と、特に海外の不確実性を考慮した結果、政策金利の据え置きを決定したとしています。また、前回同様、全8委員中6人が金利据え置きを支持した一方で、2人が50bpの利上げを主張しました。

<ブラジル景気は悪化傾向>

ブラジル経済は鉱工業生産の落ち込みに加え、通貨安による輸入物価の上昇でインフレが常態化、個人消費も弱まっています。足許ブラジル政府が進める財政緊縮策や、インフレ抑制のための高金利政策も景気の下押し材料になっています。
2月24日には、格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスがブラジル国債を投機的等級に格下げしました。ムーディーズは、「ブラジルの債務指標はここ数カ月で顕著に悪化し、向こう3年も悪化が続く見込み」であるとし、国内政治が不安定になっていることで、財政赤字削減や構造改革の実施が困難になる恐れがあると指摘、見通しも「ネガティブ」に引下げました。
ブラジルレアル(以下レアル)については、格下げの影響は限定的となり、足許は原油価格や世界の株式市場が堅調に推移したことなどを背景に、対円、対米ドルで底堅い動きとなっています(3月2日の海外終値:1米ドル=3.8941レアル、1レアル=29.15円)。

<今後の見通し>

ブラジル経済はスタグフレーション(景気後退と物価上昇が同時に進行する状態)に陥っており、市場では、政策金利は当面据え置きが続くとの見方が広がっています。
今後は、米国の金融正常化の動きから新興国・資源国の通貨は変動性が高まりやすいことに加え、国内景気の低迷や政局不安、財政再建の遅れに伴う信用不安などによりレアルは当面不安定な動きが続くことが予想されます。レアルの安定のためには、スタグフレーションの緩和、財政再建策の進展、政局不安の鎮静化が求められます。

政策金利とインフレ率の推移 ブラジルレアルの推移

出所:Bloomberg

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ