堅調な推移に転じる資源国通貨

2016/3/18

<資源国通貨は堅調に推移>

2016年に入り、株式市場の下落が続いたことや原油を始めとする資源価格の下落が続いたことなどから、リスク回避的な動きが活発となり、資源国通貨は軟調な推移が続いてきました。しかし、ここにきて資源国通貨の動きに変化が見え始めています。
原油価格が下げ止まり、株式市場も持ち直したことなどからリスク回避的な動きが後退し、新興国通貨も堅調な推移に転じました。特にブラジルレアル、メキシコペソ、豪ドル、カナダドルは上昇が顕著となりました。

<過度な悲観論の後退>

資源を巡る情勢は変化してきています。
2月には産油国4ヵ国の間で原油増産を凍結することが条件付きながら合意されました。その結果、先行き不透明感は依然として強いものの、原油は供給面から需給が改善していく可能性がでてきています。
3月17日時点でWTI原油先物価格は底値から53.4%上昇しています。オーストラリアの主力輸出品目である鉄鉱石価格は今年に入り上昇傾向が続いてきました。鉄鉱石価格(青島港の1トンあたりの価格)は3月17日時点で前年末から28.7%上昇しています。
新興国を中心に世界経済が減速する中、中国経済に対する懸念も広がっていました。しかし、2016年の全人代では交通網整備などに年間2兆元程度を投じることが発表され、資源需要に対する懸念は⼀旦和らいだ格好です。

<今後の見通し>

資源を巡る先行き不透明感は強いものの、情勢は着実に改善しており、情勢の改善とともに資源国通貨も堅調な推移に転じました。

また、米国での利上げペースが緩やかにとどまる可能性が増しており、資源国通貨に対する過度な悲観論もこれまでのようには広がりづらい状況と考えられます。金融市場は落ち着きを取り戻してきており、円に比べて相対的に金利の高い新興国通貨が選好されやすい環境が整ってきていると思われます。

対米ドルでの為替推移

出所:Bloomberg

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ