メキシコ –政策金利を据え置き–

2016/5/6

<政策金利を3.75%に据え置き>

メキシコ中央銀行は5月5日(現地時間)、政策金利を3.75%に据え置くことを決定しました。
声明では、メキシコペソとインフレの影響を注意深く見ていく姿勢を示しています。インフレについては、今年は3%程度の見通しとし、更なるメキシコペソ安はインフレリスクになるとの見方を示す⼀方で、需要サイドからのインフレ圧力は見られないと述べています。
メキシコ中央銀行は、メキシコの通貨と物価見通しに大きな影響を与える米FOMC(連邦公開市場委員会)の動向を注視しています。4月28日のFOMCでは、金融政策の現状維持が決定されました。そのため市場では、メキシコ中央銀行も政策金利を据え置くと予想されていました。

<今後の見通し>

メキシコ経済はこれまでの原油安の影響を受けてエネルギー関連産業の低迷が予想されるものの、4月に発表された2月小売売上高が市場予想を上回る前年比9.6%増となるなど、堅調な個人消費が経済を下支えるものとみられます。また、堅調さを維持する米国との結びつきが強い自動車産業などがけん引役となり、今後のメキシコ経済は底堅く推移するものと思われます。

 

為替については、足元で日銀のマイナス金利政策に対する懸念や日本政府による為替介入の可能性を疑問視する向きから円買い圧力が強まっていることに加え、メキシコに対して厳しい政策を支持するトランプ氏が共和党の米大統領候補として確実視されるなど、メキシコペソ/円には厳しい展開が続いています。⼀方、米国の年内利上げ見通しが年2回程度と示されるなど極めて緩やかなペースにとどまることが見込まれるなか、足元では中国経済に対する過度な悲観は後退し、原油価格が上昇基調をたどるなど、メキシコペソ相場を下支える環境が整いつつあります。また、メキシコ中央銀行は、メキシコペソの更なる減価には為替介入を辞さない強固な姿勢を保持しており、メキシコペソ/円の下値は限定されると思われます。

インフレ指標と政策金利の推移 メキシコペソ為替の推移

出所:Bloomberg

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ