豪州 –予想外の利下げ実施–

2016/5/6

<利下げ決定、政策⾦利は1.75%へ>

オーストラリア準備銀行(以下、RBA)は5月3日に政策金利を0.25%引き下げ、1.75%とすることを決定しました。
声明文では今回の利下げは、インフレ圧力がRBAの予想を下回ったことが背景にあり、4月27日に公表された1-3月の消費者物価指数(以下、CPI)はRBAのインフレ目標範囲(2%~3%)の下限を明確に下回ったことが利下げ判断に至った理由であると述べられています。

<豪ドルの推移>

4月は豪ドルは対米ドルで軟調な推移となりました。4月半ばまでは資源価格の持ち直し、米国の早期利上げ観測後退などを背景として豪ドルは対米ドルで堅調に推移しました。月末にかけてはCPIの下振れを受け、豪ドルは対米ドルで軟調な推移に転じました。
今回の利下げは市場の予想外だったこともあり、利下げを受けて豪ドルは対米ドル、対円で下落しました。また、米国の6月利上げ観測が広がりつつあることや日本銀行が4月に追加金融緩和を実施しなかったことが嫌気されたことなども加わり、豪ドルは対米ドル、対円で軟調な推移となっています。5月5日の海外終値は1豪ドル=0.7465米ドル、1豪ドル=80.08円となっています。

<今後の見通し>

足元で豪ドルは軟調な推移を続けていますが、オーストラリア景気は底堅い推移が続いています。オーストラリアの主力輸出品目である鉄鉱石の価格は上昇傾向が続いているほか、オーストラリアの最大の輸出先である中国は財政政策などを背景に景気のソフトランディングが予想されます。景気の良好さは中長期的に豪ドルの支援材料となる見込みです。
米国の6月利上げ観測が広がりつつあり、為替市場は目先は不安定な推移が予想されますが、米国の利上げペースは緩やかなものになることが見込まれ、豪ドルは対米ドルで底堅い推移に転じることが予想されます。また、日本とオーストラリアの金利差はある程度保たれることが見込まれ、豪ドル円も次第に底堅い推移に転じていくと考えます。

政策金利とインフレ率の推移 豪ドルの推移

出所:Bloomberg

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ