豪州 -政策金利据え置き、予断を許さず-

2016/6/7

<政策⾦利は1.75%で据え置き>

オーストラリア準備銀⾏(以下、RBA)は6月7日に政策理事会を開催し、政策金利を1.75%で据え置くことを決定しました。
声明文では設備投資が落ち込む一方で設備投資以外の民間需要や外需は拡大傾向にあることを確認するとともに、低インフレが継続するという見通しが示されました。
市場では追加利下げに関する言及を予想する向きもありましたが、今回の声明文では追加利下げを示唆する文言は盛り込まれませんでした。

<豪ドルの推移>

5月は豪ドルは対米ドル、対円で軟調に推移しました。月初にRBAが予想に反して利下げを実施したこと、その後発表された四半期報告書でも物価見通しを大幅に引き下げ、追加利下げ観測が高まったことなどが背景です。

今回、政策金利が据え置かれたこと、追加利下げを示唆する文言が声明文に盛り込まれなかったことなどを受けて豪ドルは反発しています。東京時間午後2時現在、1豪ドル=0.7425米ドル、1豪ドル=79.95円となっています。

<今後の見通し>

物価見通しの引き下げなどを背景として豪ドルは上値の重い展開となっていますが、輸出の回復により1-3⽉期のGDP成長率は前年比3.1%と市場予想を上回るなど、オーストラリア景気は順調に拡大しています。最大の輸出先である中国は財政政策などを背景に景気はソフトランディングすることが予想され、好調に推移する豪州景気は中長期的に豪ドルの支援材料となる見込みです。
米国では5月の雇用統計が軟調な結果となったことで、6月の利上げ観測が後退していますが、米国の利上げは今後も為替市場を不安定化させる要因となり続ける見込みです。他方、日本とオーストラリアの金利差を背景に豪ドル円は次第に底堅い推移に転じていくと考えます。
目先の注目点としては7月2日に上院・下院のダブル選挙が行われることが挙げられます。上院と下院のねじれが解消し、政治的な決断を行いやすい環境となるのか注目が集まっています。

 

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに将来変更される場合があります。■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を約束するものではありません。■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ