資源価格の持ち直しと豪ドルの推移

2016/11/18

 

<石炭価格は大幅上昇>

軟調な推移を続けてきた資源価格は2016年に入り、変化が見られてきています。鉄鉱石価格は昨年12月、WTI原油先物価格は今年2月の安値から切り返し、持ち直し傾向が続いています。また、石炭(原料炭)の価格を見ると安値から3倍を超える価格にまで上昇しています。資源価格が持ち直してきた背景として需給改善が挙げられます。特に上昇率の大きかった石炭(原料炭)について言えば、中国政府が過剰設備や環境汚染問題を背景に石炭の生産抑制策を導入したことで供給が減少し、価格の大幅上昇につながりました。

<資源価格に連れる豪ドル> 

2016年初まで資源価格安に連れて豪ドルは軟調な推移が続き、1豪ドル=0.6827米ドルまで下落する場面も見られました。しかし、資源価格が反発したことで豪ドルは対米ドルで反発し、持ち直しの推移に転じています。今後も資源価格の上昇が続くことになれば、豪ドルも資源価格に連れ高となると考えられます。

資源価格の上昇は豪州の実体経済にも好影響を与えていくことが予想されます。豪州の主力輸出品目は鉄鉱石や石炭などの資源であり、資源価格が上昇することで輸出金額が増加し、豪州景気を押し上げることになります。また、資源価格上昇は景気の拡大などを通じて税収が増加し、豪州の財政改善にもつながります。資源価格の中長期的な動向はファンダメンタルズの改善という経路も通じて豪ドル投資への支援材料となりうることから、今後の資源価格の動向に注目が集まります。

 

豪ドル/米ドルと原料炭先物価格の推移 

出所:Bloomberg

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ