優先証券について

2016/1/29

優先証券について

2016年に入り、中国経済の減速懸念や原油安を背景に世界同時株安になるなど、いわゆる「リスクオフ」の動きから金融市場では値動き(ボラティリティ)が大きい状況が続いています。このレポートでは、昨年来下落傾向にある「優先証券」に注目し、2015年央以降の状況を説明いたします。

 

①2015年7月~8月第⼀次リスクオフ相場で優先証券は軟調な展開

2014年10月にFRBによる量的緩和が終了して以降、米国の利上げが意識され債券市場はやや変動が大きくなりました。2015年7月になると持ち直していた原油価格が下落傾向になったことに加え、8月には中国人民元が実質切り下げられたことにより、中国経済に対する懸念の高まりから中国株が大きく下落し、金融市場全般のセンチメントが急速に悪化しました。
債券市場では米国債や投資適格社債など信用力が高い債券が買われる一方で、ハイイールド債券など信用力が低い債券は大きく下落するなど、クレジット(信用リスクを取って利益を追求する債券)市場は下落傾向となりました。それまで堅調な動きを続けていた優先証券も同様に影響を受け軟調な展開となりましたが、ハイイールド債券と比較すると、下落率は軽微にとどまりました。

 

②2016年1月~足元再度のリスクオフ相場の中、優先証券も影響を受ける

2016年に入り、⼀時1バレル30米ドルを下回るなど原油価格が下落幅を広げたことに加え、中国の経済指標が悪化したことにより、再び世界同時株安になるなどリスクオフの動きが強まりました。債券市場でも昨年夏と同様に優先証券も含めたクレジット市場は下落傾向となりました。

債券市場 原油価格の推移

 

 

優先証券の繰上償還の状況

2012年~2014年:繰上償還は加速し、優先証券は堅調に推移

自己資本規制強化を背景に既存の優先証券が繰上償還された一方、国際的な金融機関は経営の健全性を維持するため、自己資本の強化を進めたことから信用力の改善が進み、市場環境が不安定な時も影響は軽微にとどまり、優先証券は堅調に推移しました。

優先証券の推移

 

2015年~現在:銀行銘柄は繰上償還進むも、一部の保険銘柄で繰上償還が延期

繰上償還が進んだことで、投資対象となる銀行銘柄は減少し、2014年以降新たな投資対象として保険銘柄が注目されるようになりました。銀行のような規制強化による繰上償還はないものの、格付け維持等の理由で、銀行と同様に最初の繰上償還可能日に繰上償還が期待されたものです。
しかしながら、2015年に入ると一部の保険銘柄については、繰上償還の延期が材料となり、信用力についての懸念はないものの、価格が下落しました。(詳細は後述)
繰上償還が見送られるという懸念は一部の保険銘柄に限られているものであり、優先証券全体に拡大しているわ
けではありません。引き続き最初の繰上償還日に繰上償還された銘柄は多数存在しています。

繰上償還 銘柄

 

一部の保険銘柄について

2015年1月末:一部銘柄について繰上償還が延期される懸念浮上

銀行のように自己資本規制強化を背景とする優先証券の繰上償還期待は無いものの、格付け維持等による繰上償還期待から、保険セクターの優先証券も2014年末まで安定的に推移していました。
しかし、発行体の経済合理性の観点から繰上償還を延期するリスクがあると意識され始め*、信用力についての
懸念はないものの、2月以降銀行セクターと比較して軟調な動きとなりました。⼀部の銘柄に対する売りはその後も断続的に散見されました。

*銘柄によっては、最初の繰上償還可能日以降クーポンが固定金利から変動金利に変わることにより、発行体が支払うクーポンが著しく低くなる銘柄があったことから、こうした銘柄は経済合理性の観点から繰上償還を延期するのではないか、という考え方。

 

2015年8月:リンカーン・ナショナル発行の一部優先証券について繰上償還が延期される懸念拡大

特に、8月初旬には、リンカーン・ナショナルの⼀部の銘柄が大きく下落しました。リンカーン・ナショナルのCEOが7月30日の4-6月期決算発表において、実質的に繰上償還の延期を宣言したと見做される発言をしたことがその背景です。このため、信用力についての懸念はないものの、一部の投資家の売りを誘い下落したものと考えられます。
リンカーン・ナショナルの下落により、他の⼀部の保険銘柄*も影響を受けましたが、いずれもリンカーンと同様に信用力の悪化によるものではありません。

*「リインシュアランス・グループ・オブ・アメリカ」「カトリン」「グレンメドウ」等

8⽉に繰上償還が延期される懸念が拡⼤した銘柄(リンカーン・ナショナル)の価格推移

 

2015年11月:リインシュアランス・グループ・オブ・アメリカ発行の優先証券の繰上償還が延期

2015年11月15日、リインシュアランス・グループ・オブ・アメリカ(RGA)の優先証券の繰上償還が延期されたことが判明しました。事前に市場で予想されていたこともあり、直後の市場の水準に大きな変化はありませんでしたが、同様の金利支払い条件を持つ⼀部の保険銘柄は、足元にかけ徐々に価格が下落しました。(※)

(※)発行体から繰上償還見送りの可能性を表明された銘柄について下落幅が大きくなっています。

繰上償還が⾒送られた銘柄(RGA)の価格推移

一部の保険銘柄の今後の見通し

信用力に懸念は無いものの繰上償還延期を材料として価格下落した⼀部の保険銘柄は、実質的に変動金利の債券として価格形成される水準まで下落していると考えられます。したがって、これらの銘柄は信用力の悪化など別の価格下落要因がなければ、今後大幅に下落することは考え難いと思われます。

 

しかし、現在のように全体的に弱含んだ状況を脱するには、前述のような状況から⼀転して世界の経済環境が改善、物価が上昇し、FRBによる利上げが継続することが必要と思われます。とりわけ、FRBが年内に何度か利上げを実施すれば、金利収入が増加する(実質的な)変動金利の銘柄の価格は上昇すると期待されます。


 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ