米雇用統計 -予想下回り、9月利上げ観測やや後退-

2016/9/5

<8月の雇用者数は15.1万人増>

9月2日に米労働省が発表した8月の雇用統計は、非農業部門雇用者数の増加が15.1万人と市場予想の18.0万人増を下回りました。失業率は4.9%と市場予想4.8%を上回り、平均時給の伸び率は前月比+0.1%と市場予想の同+0.2%を小幅に下回りました。
非農業部門雇用者増加数が6月27.1万人増、7月27.5万人増(前回発表の25.5万人増から上方修正)と2カ月連続で高水準となっていたことや、イエレンFRB議長の講演などを受けて9月FOMCでの利上げ観測が高まっていました。8月の雇用統計が市場予想を下回ったことから月内での利上げ観測はやや後退しています。

<米ドルは下落もすぐに反転上昇>

雇用統計が市場予想を下回ったことから、発表直後は円が買われ、一時102円台まで円高が進行しました。ただ、予想は下回ったものの、引き続き米国の雇用環境は良好であるとの認識が広まり、米ドルはすぐに反転上昇しました。米ドルは対円で一時104円30銭台まで円安米ドル高が進みました。2日の海外終値は1米ドル=103.92円となっています。

<今後の見通し>

8月の雇用統計は市場予想を下回ったものの、非農業部門雇用者増加数は3カ月平均で23万人強と高水準となっており、米国の雇用環境は堅調であることが窺えます。そのため、9月FOMCでの利上げの可能性は依然消えていない状況と見られます。
米国の利上げが近づきつつある一方、日銀は20-21日の会合で政策効果について検証を行うとしており、今後も追加緩和期待は継続すると予想されます。日米の金融政策の方向性の違いから、再び米ドル高円安傾向になると見込まれます。

米国の雇用統計 米ドル/円の推移

 


■当資料は情報提供を目的として大和住銀投信投資顧問が作成したものであり、 特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。 ■当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を 保証するものではありません。 ■当資料に記載されている今後の見通し・コメントは、作成日現在のものであり、事前の予告なしに 将来変更される場合があります。 ■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用成果等を 約束するものではありません。 ■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。

PICKUPコンテンツ